手続申請悲喜交交

マイナポイントってなに

 

マイナポイント。
9月からです。
今買い物してももらえません。
2020年の9月1日からの買い物ぶんに、付与されます。
※先着4千万人

 

妙な名前だ。

「ポイント」っていうのはわかるけど、「マイナ」ってどうなの、と。

「マイナス」「ポイント」なの…??って思うけど、違うようなのだ。

「マイナ」が「マイナンバー」の略だとすぐに感じるためには、「マイナンバーカード」の知名度が「マイナス」を超えないといけない。無理だろ。

正式には「マイナンバーカードポイント」とでも言うのが正しいのだろうか。
とにかくこの略称(日本語の正式名称はどこにも見当たらない。無いのか)はなんだか居心地が悪い。

マイナンバーカードを持っていると、もらえるポイントのこと。

これがマイナポイントです。

総務省の国家事業。

つまり、国からポイント還元があるということ。
その条件は、「マイナンバーカードを持っている」ということになる。
マイナンバーカードは、まだ申請してない人がかなり多いけど、「赤ちゃんでも申請できる」んですよ、言ってみれば国民の身分証だから。

5,000ポイントもらえる。つまり5,000円ぶんです。

マイナンバーカードは「誰」っていうのがすぐにわかる個人特定のカード。
キャッシュカード機能はついてないから、なんらかの電子決済サービス(PayPayとかSuicaとか)と、ヒモづける必要があるわけです。

そしてその、関連づけた決済サービスで買い物すると、マイナンバーカードがピコーン!と反応して、そこにポイントが与えられる、っていうことですね。

2020年9月から、2021年3月の間に、20,000円分の買い物をすると、5,000円もらえます。

先ほど言いましたが、赤ちゃんでも申請できるのがマイナンバーカードですから、買い物すればポイントもらえるんです。

つまり5人家族だと5x 5,000で合計25,000ポイントもらえるということです。

マイナンバーカードって、20歳未満の人は成長期で相貌がめちゃくちゃに変化するということで、5年に一回、作り替える必要があるそうです(20歳以上は10年)が。

これ、申請しないと損、ですよね。
買い物するだけで5,000円もらえるんですから。

こういうのを言うと「めんどくせえ」「分かりにくい」「5,000円ぽっち要らねえわ」みたいなことを「自分の方が上」みたいな態度で言う人が必ずいるんですけど、実際はそういう人って、かなり下です。

5,000円もらえるのを「めんどくさい」で捨てる人らがどれくらい稼いでる人なのか知りたいいや知りたくない…って思ってしまいます。

時給1,000円で働いてるのに、申請でもらえる5,000円がめんどくさいって、もう思考回路が破綻してるとしか思えない。あとで10円あげるから手続きをワシにやらせろ。そして4,990円をワシによこせ。

でもダメなんです…マイナンバーカードを受け取るには「写真と見比べて同一人物かどうかを判断される」という行程が挟まってるので、他人では手続きが進まないんですよね…残念。

…というかなんでマイナポイント程度の申請とか5,000円ももらえる意義がわからないようなやつを救わにゃならんのだ。一生損してろ。いや、そういう人はこの程度の文でもここまで絶対読んでないので、一生損するようにできてるのかも知れません。そして世を呪って死んでいく。その怨念は富士の樹海の奥深くの洞穴に吹き溜り、迷い込んだ旅人を

 

そんなことより。

冒頭に書いてあるように、マイナポイントがもらえるのは「※先着4千万人」なんです。

国民一億二千万人の、3分の1。
周りを見渡して…3人に1人の割合で…これを理解して申請してポイントゲットする人がいるのかどうか…うん、ぜんぜん、焦らなくていい気がしてきた…。

マイナポイントを、どこ決済サービスを利用して、もらうか

問題は、そっちの方なんじゃないでしょうか。

総務省は「マイナポイント事業」っちゅうことでドーンとお金を出すわけですが、電子決済サービス各社はとうぜん民間企業なので、「客の奪い合い合戦」なわけですよ。

ちなみに現在、マイナポイント申請に使える電子決済サービスはこちらです。

対象となるキャッシュレス決済サービス検索
<2020年7月8日時点>
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

対象サービスは今後も増える予定だそうです。

いつも使ってるQRコード決済とかクレジットカードとか、デビットカードも対応してるので、やっぱり安心感を得るならそれを使うこと、なんでしょうね。

だけど先ほど言いましたように各社が火花を飛ばすつばぜり合い、「ここは熱き戦場である」という様相を呈してきてるわけです。

マイナポイントをもらう経路に、うちのサービスを使ってくれい!という客引き合戦が、始まっています。
たとえば

●PayPayは(私はまだ使ったことがないけど)…

 

 

なんと「抽選で最大100万円相当のPayPayボーナスを付与する、マイナポイントペイペイジャンボ」を実施。

1等…100万円相当×10人
2等…5万円相当×150人
3等…5000円相当×1500人
4等…500円相当×15万人

だそうです。マイナポイント5,000円ぶんにプラスして、ですよ。
キャンペーンに関してはPayPay、毎度すごいですよね。


●dポイントは…

 

 

dポイント(期限・用途限定)を500ポイント進呈。

●au PAYは…

 

 

利用額に対して25%のポイント(上限5,000円相当)を還元。さらにこの還元額に対して20%(上限1,000円相当)のau PAY残高を還元。

●LINE Payは…

 

 

 

月々の「マイランク」に応じてもらえる「特典クーポン」の獲得枚数を増加。

●ゆうちょ銀行は…

 

 

 

最大2,000ポイントの「ゆうちょPayポイント」をプレゼント。

●メルペイは…

 

 

 

メルカリの買い物で5%(最大1,000円相当分まで)、マイナポイントの25%還元と合わせて最大30%のポイントを付与。

●FamiPayは…

 

 

 

先着10万人に、500円相当のFamiPayボーナスをプレゼント。

●WAONは…

 

 

 

上限2万円のチャージで25%分(最大5,000円分)のマイナポイントを付与。さらに独自の特典として最大2,000円分のWAONも10月下旬(予定)に進呈。

●Suicaは…

 

 

 

JRE POINTを1,000ポイント付与。Suicaにチャージをすると最大5,000ポイント貯まることになるので、合計6,000ポイントが付与される。

 

やはり熾烈…つまり微妙だとわかる。

イチから選ぶのなんて、微妙すぎてどこがいいかはわからない。
いつも使う決済サービスがある人はそれでいいけど、一長一短あるに決まってるし、ややこしくない方が良いに決まってるし…。

私もまだわからんけど(もう少し考える)、楽天ペイにするかな…それとも初めてPayPayにしてみてプラス100万円しておくか(抽選です)…。

マイナポイント、もらわないという選択肢はないよ。
「特別定額給付金」と同じようなもんだから。

まずはアプリを、ダウンロードしましょう。
マイナンバーカードは、早めに申請しましょう。
決済サービスの選択とかも、このアプリから全てできます。

意地でもマイナンバーカードに反対してる人らって、なにか他に理由持ってるっぽくて怖い。

総務省
マイナポイント
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

 

 

 

 

 

電子申告(e-Tax) の端末ってこんな値段で売ってるのか知らなんだ。

 

 







-手続申請悲喜交交
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ふるさと納税

絶対めちゃ得「ふるさと納税」って?

たった2,000円で、これもらえるの!?っていう。

架空請求ってバカっぽくて好きダワ

一瞥してゴミ箱行きでよろしいでしょう。

ネット工事に激怒しないのはクリスマス前だからですよ(嘘)

この「スキマの恐怖」に気づいてない、上層部がバカなのです。

仕方ねえ、macOS Sierraにアップグレードすべえ。

なんだかほぼ元どおりっていう感じ。

今後の残りの人生で、観れる映画はどれくらい?

どちらにしても、「全部観るのは無理」なんですから。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031