1日1ページ、世界の教養365

ルネ・デカルト 104/365

方法序説 ─まんがで読破─

デカルトは、自分の信じているもののすべてに疑問を投げかけ、疑いの余地のないものだけを真理としようとした。

「われ思う、ゆえにわれあり(コギト・エルゴ・スム)」は、肉体と精神を分けて考えるという説明に、よく使われる。

動物は考えない(と彼は思っていた)ので、機械と同じだった。

精神と肉体は別物で、自分に考える能力があるということ(考えていることに疑いはない)は、自分が存在していることは疑い得ないのだ、と言った。

1641年に著した「省察」を始め、デカルト主義と呼ばれる哲学を生み出した。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

質料と形相 055/365

この質料形相論は、キリスト教が発展していく中で、西洋に絶大な影響を与えた。

音楽のジャンル 110/365

公・私ともに、ヨーロッパの音楽は、「社交の場を盛り上げるため」に発展していった。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

ビザンツ美術 038/365

キリスト教美術の中でも「イコン論争」はいまだにある。

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930