1日1ページ、世界の教養365

ルネ・デカルト 104/365

方法序説 ─まんがで読破─

デカルトは、自分の信じているもののすべてに疑問を投げかけ、疑いの余地のないものだけを真理としようとした。

「われ思う、ゆえにわれあり(コギト・エルゴ・スム)」は、肉体と精神を分けて考えるという説明に、よく使われる。

動物は考えない(と彼は思っていた)ので、機械と同じだった。

精神と肉体は別物で、自分に考える能力があるということ(考えていることに疑いはない)は、自分が存在していることは疑い得ないのだ、と言った。

1641年に著した「省察」を始め、デカルト主義と呼ばれる哲学を生み出した。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『四季』 068/365

不遇のうちに人生を終えたが、彼の残した「四季」を知らない人はいない。

ジョン・スタインベック 086/365

大恐慌時代のアメリカの、多くの人たちの心をつかんだ。

プラトン 020/365

裕福な家庭に生まれた市民でありながら政治家にはならず、哲学に進んだプラトン。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

イスラム教の広がり 050/365

爆発的に拡大したイスラム教地域は、科学・文化の面でもヨーロッパを凌駕した。

書いてる人


Hulu


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930