自論構築過程

怒ったって、なにも良くはならない

 

怒りについて、書いたことがありました。

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム<海容>

怒るのは、「勝手に因果関係を感じて、怒ってるだけ」なんですよ。

それ関連、こういうのも書いてた。暇なら読んでね。

「いろんな人がいる」「どんな時もある」で怒りの波を乗り越えろ

もう一回言いますが、怒るのは、実は「勝手に因果関係を感じて、怒ってるだけ」なんですよ。
ここ、「何言ってんの」と思ってしまう頭の弱い人には通じないので困るんですが(そんなこと言うなよw)、ああ、そういうことねと感じてくれるあなたは、ここから(今日から)、少し気持ちが楽になるはずです。

 

怒りは、「実は自分が怒ってるだけ」。

火が燃えているようにそれが燃えているんじゃなくて、火を見て「熱い!」と言っているだけ。

火は燃えていますが、あなたは燃えてないんです。なのに「燃えてる!熱いんじゃぼけ!」と言っているのが「怒り」です。

ここを切り離せたら、怒ることってそんなになくなるんです。
「そんなこと言われても、できるわけがない」なんて言ってるうちができません。
いつまでもどうぞ苦しんでください。

「できる」と思ってからがスタートです。

「そんなのできない」と言う人らのイイワケは「自然な感情にしたがうのが人間として自然」というやつです。ええ、「吸いたいから吸う」のニコチン依存のバカとか、「白メシだけはやめられない」という糖質中毒のデブと似てますね。自然に流れることがそんなにいいんなら、あなたは別にそれでいいと思いますけど、「できない」と開き直ってるだけで、実際は苦しんでるでしょう?けっきょく肺病になって糖尿病になって、高い治療費とか入院とかで家族に迷惑をかけて。何にも自然でも良いことでもなんでもない。ストレスを抱えて不機嫌になって。怒りに怒って、周りに迷惑をかけてるんです、あなた程度のチンケな「自然が自然だよ」みたいなカス宗教観のせいで。

 

「感情のコントロールは、できる」。

まず、そう思いましょう。
思うことくらいできるでしょう。
やろうとくらい、思えよ。

その方が楽だから。

いえ、別に怒ったっていいんですよ、それは「別に、家の前で、焚き火くらいしたっていいじゃない」という程度の、ああ、まぁ野原の一軒家で近所迷惑にならないのならいいんじゃないですか、ということですから。
でもそれを、1DKの一室で締め切ってやるから自分も苦しむことになってるんです。いや、ここで焚き火の例はさっきの「燃えてる!」と混同してややこしいんだけども…w

「怒ってるのは自分」。これですよねやっぱり。
これを「あ、そうかなるほど!」と思うか、「当たり前じゃん」としか思えないか。

ここが、分かれ目のようです。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ハマる」「オタク」であれと迫る同調圧力

そういう「好き」も「好き」のうちでしょう。

運命の支配する領域と、人間の技の管轄。

その区別、本当にちゃんとついてるんでしょうか。

モノへの執着は無くなるか…!?

  ちょっとずつ、モノへの執着が小さくなってきているのを感じています。もちろん大事な物はあるし、なんでも粗末にはしないように心がけたいと思ってはいます。執着というのは、実は「その物自体へでは …

sento

どうして奈良は棄てられたのか

どうして、大仏を持って行かなかったのか。

北斗の拳について考える3秒

そしてバーガー。

書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930