自論構築過程

2元02旦0

あけましておめでとうございます。

2020年になりました。
喪中の挨拶って不思議ですね。

身内に不幸があったらからって、
おめでとうとは言えないにしてもあけましたことに変わりはないわけで、
だけど今年もよろしくお願いいたしますの挨拶状は出す…っていう。

かなり昔のことになりますけれど、
日本では、お正月に、全員が同時にひとつ歳を取る、という習慣だったそうです。

その前は、「数えどし」というシステムだったんですね。
例えば1月1日に生まれた人は、生まれた瞬間、元旦にいきなり「1歳」。

現代ではその時点では0歳、ですよね。

なので、次の年のお正月に「2歳」になっちゃう。
100年生きても同じです。

誕生日が12月30日の人、この人も次の元旦(2日後です)には、
「2歳」になっちゃう。早いな。

今は全員、生まれた時は0歳で、
「生後5ヶ月」とかいう言い方をしますよね。
お母さんのお腹の中にいた時間はカウントしないかのごとく。

そちらも合理性はあるとは思いますが、
「お正月に全員で歳を取る」というシステムは、
つまり「お正月が、今よりもっと特別だった」と思わせる働きをしていたのだな…という気がします。

誕生日は父母の都合、というか人間の営み(法律も含む)で勝手に決まってしまうものですけれど、
元旦が元旦であることは、一般庶民がどうこうできるものではない…というか。
その神秘性、人間にとって非合理であるからこその神聖性みたいなものが特別感を醸し出し、大晦日には厄払いをし、お正月にはめでたさを祝う、という「区切り」と「祭り」の空間を生んでいたのではないかと思うのです。

そして、「誕生日」がここまで主流になったのは、
「経済的な理由が大きかった」と推察します。

つまり誕生日プレゼント、がいかに重要になったか、というのがポイントですね。

昔みたいにお正月にいっぺんに全員に歳を取られると、
「誕プレ」は元旦にしか渡せないわけです。

だけど「それぞれの誕生日って大事!!」となると、その需要が一気に365倍になる!!!!
こんな、驚異の倍率が生まれたことって、他に例が無いような気がします。

だって365倍ですよ。

急に「ラーメンは毎日食べないと健康が維持できないと発表された」となったら、国民は全員が365日ラーメンを食べることになります。これだって「365倍」にはならないですよね。今すでに、週に何度も食べてる人だっているから。

今からでは想像も難しいですが、
歳を取るタイミングについての急激な変化「1→365」には驚かされます。

「毎日が誰かの誕生日だから」っていう理屈が正しいとされた。
その通り正しいんですけど、「お正月だけ」のころは、個人が誕生した具体的な日ってそんなに大事にされてなかったのかもしれません。庶民は特に。「今年生まれたっちゅーことは、正月で2歳な」くらいのざっくりした把握。

2020年は、良い年にしましょう。

noteに、落語のことを書いています。
書きたいように書いておかないと、頭の中にずっと置いておいてもしょうがないしな、ということで書き始めました。

 

そして、「ページフル」。
こちらはいろんなサービスを提供できる可能性を秘めたもので、
「有料会員制」が導入できるところが素晴らしい。

あとは、たまに「ツイキャス」をやります。レベル8。
「サポーター」に、
なっておいていただけますと幸いです。

では本年も、ほがらかにまいりましょう

 

 

 







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム<海容>

なぜなら、「あなたのこと」、だからです。

怒らないこと

高校与太郎月初書籍代単純計算哀歌

この3冊。

なんで、やめないの?

水たまりに足首まで浸かって立ち尽くしている人に、「足元が濡れるんです…どうしたらいいんでしょう…」って相談されたら、どう答えます??

超合金の男-村上克司伝-

ここに、すべてがありました。

今年はカレンダー、ちゃんと買おう

毎月、印刷するんです。A4です。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031