自論構築過程

無辺

IMG_1330

 

む‐へん【無辺】
[名・形動]広々として果てしないこと。また、そのさま。「―な(の)宇宙」「広大―」
<デジタル大辞泉>

むへん【無辺】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
広々と限りのないこと。際限のないこと。また,そのさま。 「広大-」 「無量-の仏の慈悲」 「 -の宇宙空間」 「彼のピラミドの石塔があるのだが実に洪大-なものだね/西洋道中膝栗毛 魯文」
<大辞林 第三版>

「無限」と同じですが、もう、これは「概念」なんですよね。
果てしがない、果てしない、っていうのは、「果て」が「無い」んだから、誰も確かめようがない。

単位としての無量大数に似て、もはや日常生活にはなんの関係も無い多さ。10の128乗なんだそうです。
単位としては最大なので、たとえどんな物体の数を揃えるとしても、それは「無限」に近いですよね。
でも、無限とは違いますよね。

想像力で広げていく世界。

この世には、「無辺」があるんだ、と考えることが大切だということですね。

宇宙は広がっている。
無限としか、人間には理解できないけれど、どうやら厳密な意味で「無限」ではない。

「無辺」という概念を心の中に広げることで、眼前の問題や苦悩を単なる現象ととらえ、ちっぽけな、相対化できる、克服可能な低い壁に変えてしまう。

そんな含意を持った言葉、それが「無辺」ということなのでしょう。

暑い中、1分ほど門前に立って、そんなことを考えていたのでした。

不審者と思われなかったかしらwwww

 

 







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドキュメンタル

「紅白歌合戦」は、「笑ってはいけない」「ドキュメンタル」だ。

マンネリと言われれば、もうマンネリなのかもしれません。

思い出す食べ物

その、数度にもおよぶ牡蠣からの鉄槌により、「自分の体がもし食中毒で変調を来すなら、食べてから5時間ぴったり」という教訓さえ得られたほどだ。

それでもウナギを食べよう!!

で再度言いますが、「ウナギ関係者に死ねというのか?」という文言は、通りません、なぜなら「ウナギが絶滅したらどっちにしてもお前らは死ぬ」からです。

駅前の裸婦像はなぜ「エロくない」のか

「駅前にハレンチな裸の女性を置くな!」と。そういう風にしか見えないんです、そういう人らには。

レナード・コーエン

レナード・コーエン

思い出せば、記憶の奥底で、すぐに歌声が蘇ります。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829