見たもの、思うこと。

ヤット・コレカラ・ガイウス・ユリウス・カエサル

 

やっと3巻を読み終えました。

ローマ
「何を今さら」なベストセラーなので、「いや、お前、これからじゃないか」などの言葉を先達からかけてもらえる級の嬉しさです。

古代ローマ、この巻ではユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)はまだ名前が出てくる程度。

なんと言ってもポンペイウス。
大ローマ(実際は連合国。そして属州、同盟国を合わせた領土)を拡大して、「そんなとこまで?」っていうくらいの広範囲をその勢力下に納めた大将軍。
ポンペイウス。なんてマーニュスなんでしょうw

しかし栄枯盛衰、かつての英雄が割と早々に没落し市民の支持を失うのを、すでに何度も見ています(スッラ、スキピオ、マリウスなど)。

ローマ人の物語は、一日にしてならず。

 

ここまで、大型の新刊本で読んできた『ローマ人の物語』、ここから(ユリウス・カエサル「ルビコン川以前・以後」)は文庫に移らせていただきます。

ガイウス・ユリウス・カエサル

別にすごいことでもなんでもないですが、日々「本を読まないと」と思ったりしているもので、違うジャンルの7冊同時に読み進めています。中でもこの『ローマ人の物語』は浅学菲才の身であるがゆえ、名前や地名に初見のものが多く、なかなか読み進めるのが難しい。

その点、日本史に関するものは進む進む。
そういう「緩急」があると、「よし今日はこれはここまで。続きはこれ」と、味を変えるみたいな感じで読む楽しみが増えます。

 

今日また、新たに読み始めようと思ってるのは、これです。

なぜなの????

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

シアーハートアタック

ジョジョに奇妙な映画館。ダイヤモンドは砕けまへん

長谷川博己さんとか谷原章介さんとか、そういう感じがいいなぁと夢想したりします。でも2枚目イメージなので悪役は…とか。

DAVID BOWIE is

「DAVID BOWIE is」大回顧展を観たあとの感想が全員同じな件

この、ユニオンジャックをモチーフにした展示の前で、15分ほど(ほんとに)立ってました。

またやるの!?第2回「オバケのツボ」

またやるの!?第2回「オバケのツボ」

勝手に借りてきて、勝手に観て、勝手に解釈して勝手に絵に描いて、勝手に紹介するという「オバケのツボ」。

JGの思い出

それを聴きながら、今これを書いている。

週末の「DAVID BOWIE is」を急襲(4回目)

まさか連続で書くことになるとはw




◾️ translate.

ArabicArmenianBelarusianChinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanRussianSpanish
◾️  profile.

ブログランキング・にほんブログ村へ

チケットぴあ

blogramのブログランキング
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031