買うてもた PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと

ファントム、ではなくファンタムだとさ

Neewer 1チャンネル48Vファンタム電源 5ft USBケーブル、BONUS+XLR 3ピンマイクケーブル付属 コンデンサーマイク、音楽レコーディング機器に対応

「ファンタム電源」って知ってます?

ファンタム電源について
ファンタム電源とは、コンデンサーマイクやアクティブタイプのDI(ダイレクトボックス)を動作させるために必要な電源のこと。

微弱な電流のためファンタム(おばけ)電源と呼ばれる。
48Vが一般的。

サウンドハウス虎の巻
https://www.soundhouse.co.jp/howto/pa/phantom/

微弱だし、「それがこれを動かしている!」という感じではないんだけど、「だけど確かにある!確かにそこにいる!」というものなので、「PHANTOM」と呼ばれている電源、のことです。お化け、幽霊。

オペラ座の怪人も、「PHANTOM」という名前でしたよね。

みなさん絶対に、「PHANTOM」は「ファントム」と読んでたはずです。

B’zの曲「LOVE PHANTOM」を、「ラヴ・ファンタム」と表記している人はいないでしょうし、「PHANTOM」に対して「ファンタム」というカタカナ表現をしているのは、この世にこの「電源」しかありません。

英語圏では「ファントム電源」のことはなんて呼んでるんでしょうね。
「PHANTOM POWER SUPPLY」なのかな。
発音としては「ファンタム」の方が正しい気はなんとなくしますよね。

メリケン粉が「AMERICAN粉」だったように、ミシンが「MACHINE」から来ているように。
がんばれファンタム。

だけどRADIOはごめん、もうレイディオには戻らないんだわ。

とにかく、この「幽霊電源」がないと、コンデンサーマイクを接続する際に、動かないんです。

「動かない」というのは的確ではないですね、マイクはどこかが駆動して声を拾う感じじゃないから。
幽霊電源で、マイクに「ジー」と電気が通る音がするとか、そういうこともない。
だから「幽霊」なんでしょうけど、知らないままだと「なぜか声が聞こえない」んです。マイクが壊れてるのか!?と思うしかなくなる。

そういうスイッチが最初からついてるオーディオ・インターフェースもあるんですけど、それがない場合、この「ファンタム電源」を、別で用意しなきゃいけない。

ダイナミックマイクには必要なく、コンデンサーマイクには必要になる「ファンタム電源」。

で、こういうものが必要だと。

↑買いました。

なんとこれにも、電源がいる。

電源を供給する機器に、電源がいる。
当たり前と言えば当たり前なんですけれども、そもそもマイク自体には、電源コードはついていませんよね。

マイク→直接コンセントへっていうパターンは見たことない。

なので、繰り返しになりますが、コンデンサマイクを使う際には、何処かから電源が必要になるのです。

「48V」。

この「48V」と書いてある機器を通してないのに「マイクが使えない!」と嘆くのはお門違い、ということになります。私がまったくそうでした。なんでこのマイク使えないんだ!と思ってました。せっかく買ったのに!と。
だけど違うんです、「48V」の「ファンタム電源」が要るんです。無いと使えません。

「48V」とは、ファンタム電源のことを指すんです。

こんな常識すら知らなかったので、「なんでこのマイクは使えないのだ…」とほんとに嘆いていました。

オーディオインターフェースのどこかに、「48V」と書かれたスイッチやボタンがついている人は、コンデンサマイクを挿して、ポチッと押しましょう。

ギターやベースを鳴らすときには、必要ありません。

↑私が買ったファンタム電源には、アダプタが付いてない。
USBでパソコンから電源をいただくタイプ。

アダプタタイプもあります。

ちょっとだけ高い。

このNEEWERというメーカーの機器、これを通して、さらにオーディオインターフェースへ。

これがわかりやすい図、ですね。

この図↑では、NEEWER→はマイク端子に直接挿さってますね。
これをやるには、まずパソコン側にマイク端子が無いとダメです。
その上、こういうのが要りますわな…。

私の場合は、オーディオインターフェースがあるので、

<声の流れ>

マイク→NEEWER→オーディオインターフェース→パソコン

と、なります。

なんとかこれで、声の録音ができます。

マイクはこれ。

これに、こんなのもプラスして買いました。

このマイクにはウィンドスクリーンが付属してるんですけど、見た目としてなんとなく。

で、この【Amazon限定ブランド】と書かれたマイク、注意が必要です。

価格が、ものすごく変動します。
今見たら、¥8,800。

私が買った時は、¥5,758でした。

なので同等の価格帯を探したりして、良いと思います。
見た目で選んだとて、家で録音したり通話する程度では、そんなに変わらないでしょうから。

そりゃあもちろん、上を見るとキリはありません。

雲高く海深き、録音機器の世界。

コンデンサマイクの場合、「ファンタム電源」が必要になってきますので、パソコンでマイクを使う時は気をつけましょう。

もちろん、こういうヘッドセット的なタイプのものは、パソコンに直挿しで大丈夫です。

それにしてもオーディオインターフェースも、手軽で高性能なものが、たくさん出てますねえ。

↑ほら、これにも右の「POWER」の下に「+48V」の表示がありますね。背面にスイッチがあるようです。

 

 







-買うてもた, PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

notice1

まだレイバンで消耗してるの!?

他人は騙せても、自分は騙せないから。

SCANDALのFeedback! 「MAMI WEEK」にぶち当たってA賞を当ててもたわたくし

なんなんでしょうこれ。この「プラットホームシンドロームの怪」。ネットを検索してもこれについて言及している人はちょっと探したくらいでは見つかりませんでした。これってなんなんだろう。いつか、ご本人らに確かめてみたい気持ち。

たまに確認したくなる、スマホ料金事情。

「自分の生活・生活圏・生活習慣を見直す機会」でもあるんですよね、スマホ事情確認、って。

迷うレベルじゃないものがたまにあるよね

もし「全くダメだった」と言うなら、その分のお金、私が払いますから。

LAMY × KYOSUKE HIMURO

こんなの、付属するって書いてなかったぞ…??
なんなんだこの巨大なサービスは…!



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30