「ダイエット」してるバカ

白いご飯をとにかく食べる工夫。

こんな商品が。

発売前なのに(発売は2020年5月15日)、すでにホーム&キッチンカテゴリでAmazon、人気3位になってる。

ご飯を炊飯ジャーで炊く時に、入れておくと、コメを研いだ研ぎ汁が再度コメに吸われることを防いで、結果、糖質が減る、と。
「お茶碗に盛るご飯を減らす」んじゃなくて、炊く段階で…っていう発想がすごい。
おもしろいですよね、飲食店も、炊く時に入れるだけなので、「糖質オフメニュー」として取り入れられるんじゃないですかね。

 

最近、「糖質」に関わる情報が、少しずつだけど広がってきてる感じがありますね。

こういうのも売ってるし。

サントリーはビールも売ってるし糖質対策のお茶も売ってるし、大変ですねえ。
ものすごく意地悪な言い方をすると、そういうのを「マッチポンプ」と呼ぶような気がしますけれども。
「両方を、美味しく飲むために」ってことですかね。どうだろうちょっと違うか。

だけど「糖質オフ」的な商品て、食物繊維がすごいんですよね、たいてい。







-「ダイエット」してるバカ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

よし、考えよう。『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』

いくら食事を完璧にコントロールしても、それに執心するあまり、ギスギスした性格になって他人に攻撃的になってはいけない、と思いますね。

精進料理にこみ上げる可笑しさ

申し訳ないけれど、この世にあるあらゆるダイエットは、無駄です。嘘です。
なんの根拠もない、思いつきの、経験だけに基づいたエセ宗教的な戯言です。

「燃焼」が比喩表現だということを忘れてしまう現象

科学的な根拠がすっかりあるのに「なんだか断言する人って、怖いよね!」なんて、茶化されて馬鹿にしてくる馬鹿がいたりもするんですけど、こういう奴は「自分は柔らかで人当たりが良いですよ〜」という顔をしたい偽善者だなぁと思います。やんわりとした口調で明らかに賛同者を煽って敵視されたことは、忘れたりはしないですね。朝の5時ごろでしたけど。

diet2

ダイエットは今すぐやめろ

目的を「ダイエット」ではなく「健康になる」へ向けること。そのためには何をしないといけないかを考えましょう。

「主食はどん兵衛」は貧乏が問題ではない

「主食はどん兵衛」は貧乏が問題ではない

「主食はどん兵衛」は何がいけないか。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031