自論構築過程

チョコモナカジャンボが好きやで

 

いかがお過ごしでしょうか。

チョコモナカジャンボは、どのように分類することができるでしょう。
分解してみると、「チョコ」「モナカ」「ジャンボ」という節に分けられますね。

これはそれぞれが、別のものへの代替可能性が有る事を示唆しています。

つまり、「チョコ」が別の味になったり。

「モナカ」部分が変わったり。

大きさが、変化したり。

概念図

実際にはないのですが、それを勘案して、まずは基本的なことから。

チョコモナカジャンボは、実は「ジャンボチョコモナカ」なんですよ。分類としては。

チョコモナカの中では、ジャンボなんですから。
そしてジャンボモナカの中では、「チョコ味の商品」ですから、チョコジャンボモナカ、ということができる。

今言いましたように、ジャンボチョコモナカという「大きさ基準」と、チョコジャンボモナカという「味基準」が、ある。

「ジャンボモナカ」という大きさ基準と、
「チョコモナカ」という味ジャンルのくくりに属することがわかります。

そしてこれ(味・大きさ)は今さらながら、「どんなものでもそれは『モナカ』なんやでぇ〜」という最大の概念に、すっぽりと収まることになる。

 

簡単に言いますと

ジャン「ああ〜モナカ食べたいなぁ」
千代子「どんなモナカ食べたいん?」
ジャン「そらーいろいろあるけど、いっぱい食べたいから俺はジャンボモナカがええわ」
千代子「へえ、大きほうがええねんな。ウチはやっぱり味重視や。いろんな味があるけど、チやっぱりョコモナカを食べたいわ」
ジャン「ほな探しに行こか」

〜巨大店舗で〜

ジャン「ジャンボなモナカ探してたら、あったで!!」
千代子「チョコのモナカ探してたら、あったで!!

「チョコモナカジャンボ!!」

 

という感じでしょうか。

 

さて、森永チョコモナカジャンボでは、今、キャンペーンをやっております。

商品バーコードを2枚一口で送ると、なんと、

ジャンボ宝くじが当たる、という。
「宝くじ当たる」のではありません。

「宝くじもらえる」のです。

ジャンボ宝くじ10枚。3000円分ですね。

えーと、チョコモナカジャンボはコンビニだと140円します。
スーパーだと94円とか89円もありえますけども。

140円 x 2=280円。

それプラス、送るのにハガキが要ります。

52円。

計、332円/一口かかるんですね。

この「3000円分」にはナン億円という夢が詰まっているとはいえ、

商品からバーコードを切り取る。
ハガキを買ってくる。
貼る。
宛名を書く。
ポストに投函する。

で抽選。

というのは、なかなかにハードルの高い応募だと思ったりします。

でもそれを乗り越えた人らにこそ、チャンスはある。

しかも3000分(10枚)ということは、必ず1枚は最下等(300円)の当選くじが含まれてますから、応募に掛かる費用332円は、目をつぶれるかもしれません。
当選したら、ですが。

応募ハガキはダウンロードできるようです。
https://www.morinaga.co.jp/ice/syouhin/jumbo/campaign/

切手は要ります。

※この記事は2016年9月当時のものです。今はまた、違うキャンペーンをやってます

 

少なくともキャンペーンで当選したという強運を持って、その勢いをかってジャンボ宝くじも…という、驚くべき渦巻くドス黒い欲望のうねり。

抽選で1000名か…。

しかしこのキャンペーンを、なぜ9月に入って残暑が消えかけているこの季節に打ってきたのでしょうか。
アイスの売り上げが落ち込むであろうこの時期、他の定番アイスを引きはなすためのブーストなのでしょうか。

今年はとにかくチョコモナカジャンボ、食べました。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怒ったって、なにも良くはならない

まず、そう思いましょう。
思うことくらいできるでしょう。
やろうとくらい、思えよ。
その方が楽だから。

いちから聞きたい放射線のほんとう

まずはここから。「いちから聞きたい放射線のほんとう」。

だって、まだまだ、普通にナチュラルに、「福島産の野菜は避けてる。当たり前やん!」ともう、至極当然のように、ちょっと「意識高いでしょ?」みたいな顔で言う主婦とか、めちゃくちゃたくさんいるんですよ??

かけて来ても、出ませんから。

端末にものすごい高音質の「ボイスレコーダ」が付いてるのに、何で「通信サービス側」に録音しておいてもらわないといけないのか、謎じゃないですか。

夏川りみ

「わかりみ」。

いったん自分の理解度とは離れて、客体的な事実としての指標を、少し離れた時点から眺めたような視点が含まれています。

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

最大の難所「君の部屋の下」。

書いてる人


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031