自論構築過程

祈り

IMG_1255

 

祈りってなんでしょうね。

「祈る」だと動詞。

「祈り」だと名詞。

「祈る」と、「祈り」が発射されて、どこかへ届くんでしょうか。

例えば「挨拶」は名詞ですよね、動詞でもあるか。

「挨拶する」と、「挨拶」が発射されて、相手に届くでしょう。
確実に。

届かない挨拶は、そもそも発射されない気がする。独り言。

「祈り」はじゃあ、天に向かって、神様に向かって、社に向かって、発射されるべきものなんでしょうか。

多分、空に向かって打ち上げて、自分に戻ってくるような、良い意味でのブーメランみたいな、ものなんじゃないかなぁ、と思ったりします。

誰にも聞こえないように、精神の雫を気化させるのが「祈り」。

届かないと意味ない、なんてことはないし。

「祈る」というその行為じたいに、意味があることなのだと思います。

 

 

 







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ナショナリズム

だけど、それらを捨て去ることがグローバリズム、ということでもないでしょう。

「世界観」ってなんだろう?

世界観という言葉、よく聞きますよね。 世界感、とも言うか。 世界観(せかいかん、独: Weltanschauung)とは、世界を全体として意味づける見方・考え方のことである。 人生観より広い範囲を包含 …

北斗の拳について考える3秒

そしてバーガー。

2021年元旦/怯えながら生きる

肉体が崩壊する高度や温度が理解できず、崖から飛んで全部死んだ。

大器晩成

大器晩成って、何?

「それを言う側のお前の、格をあげるために、言ってるな??」という、計算・打算が見えた時です。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728