見たもの、思うこと。

そこからそこまでを、やる!?『徳川家康』。

徳川家康

まさに、ラストの「完」を見た瞬間に、声に出た言葉です。

「そこからそこまでなの!!!!?」

と同時に、「そこからそこまでなら、『松平元康』、いや『元信』ちゃうんかぃww!!」と。

桶狭間の戦いで、まさかの今川が衰退。
「おんな城主 直虎」ではさらりと通り抜けたw、戦国を一変させた出来事。
その直後の、さぁ、どうするんだ!という時期で終わるという、「徳川家康の前半生」なストーリー。

とにかく濃厚です。
はっきり言って、何言ってるのかわからない部分もある。
今川義元が西村晃。

1965年(昭和40年)のこういうのって、そもそも音楽も、「浪曲」とか「歌舞伎」とかが下地になっていて、現在1980年代くらい以降の、ポップカルチャー的な要素よりは、重厚な、子供を寄せ付けないw、いわば「エンタメ」感では説明できない濃さがあります。

昔の映画って、その当時に生きていない限りは、なぜか「あれ…この人って、本当に武士なんじゃあ…?」とか思ってしまうくらいの、入魂ぶりというか。

同時代に生きているなら、その時代のスターだと認識しっかりしてますから大丈夫ですけど、「仁義なき戦い」シリーズを子供の頃に観た時も、「あれ?この人らって俳優、で顔も知ってるけど、ヤクザ…なの…?」とか思ったものでしたw

 

それにしても「なんでそこからそこまでを映画化するわけ?」という疑問はまだ残ります。

実は、「徳川家康」メインの作品て、そんなに多くないんじゃないですかね。
最後に鯛の天ぷら食べて死ぬ、というような天下人は、人生のクライマックスとしてはあんまり画にならないんでしょうか。確かに織田信長の方がそれっぽい。

江戸300年の平和の礎を作った家康だけど、人生の後半はもはや政治家として、政治原理に基づいた行動というか、側から見れば汚いような「方広寺鐘銘事件」とか、大阪冬の陣夏の陣とか、史実としては面白いけど、人物として取り上げるにはちょっと引っかかる、みたいな部分も気になりますしね。

そう、「政治原理」と書きましたけど、晩年の政治的な動きは、もう家康一人でなんとかなる問題ばかりではなくなっているんでしょうし。そう思うと、長命だった家康の、本当の波乱は人生の前半であって。

徳川家康にとっての岡崎時代、そして人質へ…な幼少期は、ひょっとして三河の人たちにとって、密かに今も胸を張り続ける、凄まじい誇りなのではないでしょうか。

「ここを映像化しておくのだ!」という、執念を感じるのは、そういう裏事情があってのことなんじゃないか、とさえ思えるのです。

 

…と、ここまで書いてから知ったのですがw、

この「徳川家康」、実は5部作まで予定されていたのだそうです。

でも、あえなく打ち切りに。

なんやねん。だからあんな小さい頃の話で終わってんのかいな…。まだまだ、これからやったんや…。

主役の北大路欣也が、どんどん成長して、天下を取っていく、という壮大な大河ロマン、だったんですね。

いえ、でも、これ1本だけで、大河ドラマ半年ぶんくらい観た気になれます。

「なになに?なに言ってんの?」という、古めかしい言い回しも楽しめる、稀有な作品だと言えるでしょう。

 

Amazonプライムに、鎮座まします。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

TABICA

田舎体験は金出して買う時代

開催日 x 地域 x 目的、で検索するだけでもちょっと楽しい。

清和天皇

猛烈な巨大地震が来るパタァーーーンッッ!!

また今日も、そう思って、思うだけで終わる。

さらに、Valentine’s Dayに寄せて。

「From My Cold, Dead Hands!」

三度目の殺人

えーっと、何度目の殺人?『三度目の殺人』。

その意味では「すごいおっさんは、本当に顔がすごい」と、本物の役者のアップの凄みを改めて感じたのでした。

ドトールで作業がトドコールことはない。

多少、雑音が周りにある方が、本を読むには良い。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031