見たもの、思うこと。

根源的な、愛の話。『リリーのすべて』。

 

見ていただきたい映画を発見しました。
原題は「The Danish Girl」。
悲しくも美しい物語。

リリーのすべて (字幕版)

主役のはあの、スキャマンダー、です。『ファンタスティック・ビースト』の、エディ・レッドメイン。

ファンタスティック・ビースト観て来ましたよ

いや、オスカー俳優とはいえ『ファンタスティック・ビースト』の主役としてはちょっと線が細すぎるというか、繊細すぎる感じの人だなぁと勝手なことを思ってたんですが、これを見たら完全にそれも納得せざるを得ない。こんな、繊細な表現をする人だったんですね。『博士と彼女のセオリー』はまだ観れていません。

いつも、誰が出てるとかどんな話だとかは一切調べずにいきなり観るので、あれ!この人どっかで…とか、いつも思いまくりです(そういえば、「ROME」の奴隷ポスカ役の人が医者の一人として出てたな…w)。
でも迷わずにどんどん観ていけるのは、「見放題」のメリットですね。店のDVDの棚の前で「これは面白いかなぁ、どうかなあ」とか、迷わなくていい。

 

あの人は、この人。

なんと、もう一人の主役、というか人によっては(私の場合も)こちらに感情移入しちゃうだろうという、妻・ゲルダ役の、アリシア・ヴィキャンデル。

この人は、『エクス・マキナ』のアンドロイド役だった人です。

人間が下等生物になる日。「エクス・マキナ」。

今、ウィキペディアで見てみたら、『エクス・マキナ』とこの『リリーのすべて』、この2作品で、すごい数の賞に輝いていました…(アカデミー賞では助演女優賞)。

 

素晴らしい映画だった。

なにせ、衣装が素晴らしい。
芸術家の二人がクラス部屋、スーツ、ドレス、ナイトガウンまで、なんだかヨーロッパ絵画そのものを眺めているような、美しさがあります。

デンマークからパリへ。
二つの性の間を、苦しみながら行き来する日。それを、ちゃんと受け止めて、寄り添ってあげようとするゲルダ。

なんか、とにかく、かわいそうなんですよ。
それは、悲惨だなぁとかかわいそうだなぁということではなくて、精神的に、頑張らなくちゃ、という心情が伝わってくるから。セリフは多くなく、察するしかないような描写もたくさんあるんですけれど、なんか、かわいそうで。

しかし、えらい裕福だな…と思わずにはいられないんですよね、パトロンがちゃんといるのか…そこは端折ってあるのか、絵だけ描いて、どうやって生活を維持してるんだこの人ら…ドイツへ行ったり、そんな高額な手術をまで…。

トランスジェンダーなどという言葉はまだ存在すらしない1920年代。
偏見どころか「異常者」として隔離される危機すらある時代。
ちょうど第一次と第二次の大戦の間、ヨーロッパは平和で好景気、な時期だったんでしょう。

途中、昔の親友として出てくるハンス(マティアス・スーナールツ)。
彼に、不安定な精神を支えてもらいたい、なんていう心の揺れ動きも見せつつ、しっかりとした自我でアイナー、リリーを支えるゲルダ。単に健気というだけでなく、ものすごい力強さを感じさせます。

 

原作は小説。

原作の小説(事実を基に書かれている)、デビッド・エバーショフの「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」は、いや、高いなォィ…www

こういう時に、Kindleを持ってると電子書籍版で読めるから便利だぜ…安いじゃないか、51英語版やないかー!!!

日本語訳は、電子書籍化されていないのかね…どうなっておるのかね…講談社さんよ…。

と思ったら早川書房から、文庫が出てた。読もう。

良い映画でした。
これは私が無知なだけで有名な作品でしたが、こういうのに、なんの予備知識もなくぶち当たるのが、先述したように、「見放題」の素晴らしさ。

Amazonプライムに入ってないなんて、割と信じられない。
月額320円で済むのに。

Amazonプライムはこちらです。

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東横線・日吉は懐かしくもあまり知らない街だった

先日、日吉へ行きました。 少しだけ日吉に住んでいたことがあります。 「普通部通り」を通って帰ってましたw   東京に一番近くて、でも東京ではない、便利な場所はどこだと。 しかも川崎ではなく横 …

週末の「DAVID BOWIE is」を急襲(4回目)

まさか連続で書くことになるとはw

プレデター進捗

同じようなことを言うようですけど、プレデター側にはその叡智は受け継がれてないのかよ…と愕然となりますね。

ジョジョ展2017その6【パン編】

何個パン食うんじゃわし。他のグルメをぜんぜん堪能せずにパン類を責め続ける私。

Midnight in Paris

ありそうでない夜。「ミッドナイト・イン・パリ」。

主人公の妄想、っていう感じがぜんぜんしない、ほんとに不思議な映画です。

書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930