1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『東海道中膝栗毛』 185/365

投稿日:2021年7月4日 更新日:

真夜中のヒゲの弥次さん喜多さん

 

作者は十返舎一九(じっぺんしゃいっく)。

「膝栗毛」とは、「足(膝)」を「栗毛(馬)」のように使うという意味で、「徒歩による旅行」を指す。

識字率の上がった江戸時代、『東海道中膝栗毛』は爆発的に人気になり、1802年の初版以来約20年、第43編まで続編を重ねるほどの大ベスストセラーになった。

※主人公の弥次郎兵衛・喜多八ともに、粗野だが憎めないキャラクターとして、江戸っ子の憧れにもなっていた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヤマネコ 169/365

縄文後期には本土にもオオヤマネコがいたことがわかっている。

神道(八百万の神) 007/365

日本独自の宗教。

九州 295/365

『三国志』『古事記』にも登場する、古くから外国の玄関口として栄えた場所。

元禄文化 247/365

朱子学を幕府の正学とした。

『古今和歌集』 038/365

全20巻。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ