自論構築過程

「あれは漫才じゃない」っていう言葉はいったいなんなのか

 

全編通しては、まだ観てないんですけれども。

「M-1」の“あれは漫才なのか論争”から透けて見える「笑ってられないこと」
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20201226-00214623/

何をどう答えていいのか。正直、全く分かりませんでした。

それはなぜなのか。

“論争”なんて起こっていないから。その言葉に尽きます。

 

「あれは漫才じゃない」って言ってる人って、

和楽器が入ってるからロックじゃない
ロープウェーに乗ったら登山じゃない
ハンバーグが乗ってるのはお寿司じゃない
イチゴが入ってたら大福じゃない
チーズが入ってたら餃子じゃない
11時ごろ食べるのは朝食じゃない

とか怒ってる間に毎年、大晦日になってたりするんでしょうね。人生短そう。

ネタ部分の録画を観たんです(両方)が、マジカルラブリー(敬称略)、完全に漫才以外にネーミングのしようがない感じでした。

なんだ…まったく意味のない、自分の生活に不満がある人が嫉妬で「俺(私)はわかってる側の人間なのに不遇なだけなんだ」を別の言い方で言ってるやつか…っていう感じで、拍子抜けです。時間の無駄でした。

 

だけど実は、「あれは漫才じゃない」という言葉は、かなり昔から使われている批判の常套句だったりするんです。

そう言えば2002年には、こんなこともありましたね。

“談志節”が全開! 『M-1グランプリ』審査員での立川談志エピソード
https://www.excite.co.jp/news/article/E1480562012995/

テツandトモには「お前らここへ出てくる奴じゃない、もういいよ」と言ってのけた。だが、続けて「俺、褒めてんだぜ。わかってるよな?」と加える。これはすでに芸風も確立された彼らは新人ではないと見た、談志なりのエールであったのだろう。

 

そもそも演芸としての「漫才」というのは、三味線弾いたり鼓を叩いたり、唄を歌ったりするのが当たり前の芸でした。内海桂子・好江(敬称略)を思い出すと分かりやすいですね。


「しゃべるだけ」の漫才ができたのはやっと昭和初期。
横山エンタツ・花菱アチャコ(敬称略)がその基礎を作ったと言われています。

これ、エンタツアチャコの功績は疑うべくもないものなんですが、マージー・ビートと同じで、その時代の要請によって「新しい芸」が求められていたんだと思うんですよね。

「マージー・ビート」の誕生とジョンが執筆したビートルズのバイオグラフィ
https://www.udiscovermusic.jp/stories/the-birth-of-mersey-beat

ビートルズが爆発的に売れたから、リバプール・サウンドたるああいう感じの音楽は世界が認めるようになった。同じような感じのことをやってたバンドは、たくさんあったはず。

エンタツアチャコが爆発的に売れたから、「しゃべくり漫才」たるああいう感じの漫才が全国で認められるようになった。同じようなことをやってた漫才師は、たくさんあったはずです。

楽器も持たず、踊りも踊らず、スーツ姿のおっさん二人がただしゃべるだけ。

一体いくつもの、「あれは漫才じゃない」という罵声が、浴びせかけられたのでしょう。初期のその厳しい環境は、想像に難くないですね。

なので時代が2002年でなければ、テツandトモ(敬称略)以外が、「あれは漫才じゃない」と言われてたかも知れないってことでもあります。

 

…というか、あの程度で「あれは漫才じゃない」って思いたい人って、おそらく、「メガネメガネメガネ…」とか「ふた開けて〜掃除して〜弾込めて〜」っていうネタ、観たことないんでしょうね。レツゴー3匹(敬称略)も多分、観たことないんでしょう。

知らないのは何も悪いことじゃないけど、たいてい「あれは◯◯じゃない」という言葉が出るやつって、結構ストレートに◯◯なんですよね。これは教訓として覚えておくべきかも知れない。自分の視野が異常に狭いだけだから。

 

…と思っていろいろ見てたら、すでに答えが、ぜんぶ書いてありました。

M-1グランプリを終えて
https://ameblo.jp/takeshi-tomizawa/entry-12645577075.html

 

 

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 







-自論構築過程
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

わかっていながらさらに書く「男と男の料理対決」

無理やり、以下にちょっとだけ、さらに書きます。

やってみよう!ポピュリストとさえ言えば批判できる気がするよ!

「自分の意見を主張するのに葬儀コスプレするやつはクズ」と相場が決まってるので、反原発のデモで葬式コスプレしてる連中と同じで、ああ、あくまでも自分のためにやってるんだなぁ、という感想が魂の奥底から漏れてくるのであります。

燃える燃えない?燃やす燃やさない?

ほら、やっぱりこの方式、1600℃以上出るんじゃないですか。

男にもさしすせそ、女にもたちつてと

男にもさしすせそ、女にもたちつてと

はっきり言いましょう。
こんなものは、デタラメです。

大器晩成

大器晩成って、何?

「それを言う側のお前の、格をあげるために、言ってるな??」という、計算・打算が見えた時です。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930