1日1ページ、世界の教養365

催眠状態 158/365

大人数を催眠状態にできる! 緊張系催眠: 催眠スピーチ術から催眠作業術まで

「メスメリズム(mesmerism)」や「催眠術をかける」という意味の「メスメライズ(meserise)」という言葉は、近代的催眠研究の父と呼ばれるオーストリアの医師フランツ・アントン・メスメルの名から取られている。

催眠状態に人を導く方法は主に3つある。
凝視誘導法と、命令を矢継ぎ早に行う方法と、優しい声で穏やかに語りかける方法だ。

催眠状態では、種類の違う周波数の脳波が同時に出ており、自分の頭で考えてはいるものの、一定の誘導に従う、という状態になりうる。

専門家の多くは、車の運転とテレビの視聴を催眠状態だと考えている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自由主義 174/365

自由主義とは、規範理論だ。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

太陽系 018/365

「調査隊が絶滅する恐れがある」という状態で、アリの生態を調べにいく教授はいない。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

アーネスト・ヘミングウェイ 009/365

「老人と海」(1952年)を決め手として、ノーベル文学賞を受賞。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930