自論構築過程

「丼」のできた経緯

海鮮福袋 海の幸6品セット(大トロ,中トロ,ウニ イクラ,ネギトロ,づけ)(お中元 ギフト)《not-st1》[[海鮮福袋]

これは、想像ですよ?
想像ですが、「丼」という漢字についての考察です。

海鮮丼、好きです。
天丼、も好きです。

最近はご飯の部分をあまり大量に食べないので少しだけ縁遠いのですが、あの雰囲気はやはり素晴らしい。
「これさえ食べれば必ず満足」というあの佇まいから醸し出される大いなる自信。

天丼は「てんどん」と読みますが、「丼」だけだと「どんぶり」と読みますね。

不思議な字です。

丼。

井戸の中に、点がある。

井戸の中に、点。
なんでこれで、「どんぶり」って読むんでしょう。
そしてなぜ、井戸の中に「ゝ」を入れたこの字が、ご飯を入れる器の名前なんでしょう。

そういえば浜松まで井戸を、見にいきました。

井戸を見に行く。

これは、井戸を表しています。
そして、真ん中の「ゝ」は…

そこに放り込んだ石。

「井戸に石を投げ入れた」ということを表現しています。

そして、読み方。
これ、実は、井戸に石を投げ入れた時の「音」を表現しているのです。

「ドンブリッ」と。

象形文字であると同時に、表音文字でもあるということか。

ということはもしかすると「丼」は何かの間違いで「ぼちゃっ」と読むことになっていたかもしれない。

天ぼちゃっ
かつぼちゃっ
うなぼちゃっ
かいせんぼちゃっ
おやこぼちゃっ

ちゃんとした答えはわかりません。
それならそれで別にそれでいいような気もしてくるけれど。

謎に思ってましたが、おそらく、それは正しいんでしょう。
井戸の底、水の中に、大きめの石を落とした音、「どんぶり」…。

 

でも、やはり最も不思議なのは、これがなぜ、ご飯の上におかずを乗せたあの食べ物の(形式の)名前になったか。

食べ物というよりは、器の名前にもなっている、ということですね。

ここです。

これは、ひょっとして

「どんぐりの転訛」なのではないか

と思いつきました。

丼(蓋つき)を検索してみると…

 

対して、

「どんぐり」で検索してみると…

…似ている。

やはり似ている。

どんぐりはまるで、蓋がついた、器のようではないですか。

ここからは、さらに私の妄想です。

まず、この器は「どんぐり」と呼ばれていた。
なぜなら、どんぐりに似ているから。

「どんぐり茶碗」「どんぐり鉢」などと言われていたのでしょう。

それとはまったく時空を別にして。

井戸が生活用水として当たり前だった時代、井戸に石を落とした音を漢字に著した洒落者がいた。

いわく「井戸に『ゝ』で、どんぶり、てなーどうでぃ!?」
音の様子を著した漢字なんて、なんて文化レベルの高さなんでしょう。

 

当て字にもほどがあるわ。

しゃべり言葉が適時、漢字に置き換えられることは中国では当たり前の事。
「タクシー(TAXI)」が「的士」になる。そうやって、音をそのまま音として漢字にし、そのまま音を表す時に使うというパターンなら、あるような気がします。

たとえば「蕭条と雨が」なんていう「蕭条」は、雨の音の表現だったのかもしれません。ショウジョウ。

同じ「ショウジョウ」という読みでも「猩猩」と書くとこれは、オラウータンのことを指すそうです。と言っても、「麒麟」を「ジラフ」と同一視しているのと同じで、もともと「猩猩」は空想上の動物で、確か「小倉船」か何かで海底の駕籠かきが猩猩で、料金の別名である「酒手(さかて)」と、「逆手(さかて)」つまりお猿さんなので腕がグルンと逆手になる、というのをかけてオチに
してたような気がします。

とにかくシャレこむにもほどがある。

「どんぶり」という、「音」を物品を表すところまでスライドさせてできた漢字の例は、他にあるのでしょうか。

間に、「どんぐり」という植物の実を挟んでの、ミラクルなスライディング(いや、妄想ですけどねw)。

日本の文化、とりわけ食文化の奥深さに、驚嘆している次第です。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

モノへの執着は無くなるか…!?

  ちょっとずつ、モノへの執着が小さくなってきているのを感じています。もちろん大事な物はあるし、なんでも粗末にはしないように心がけたいと思ってはいます。執着というのは、実は「その物自体へでは …

それでもウナギを食べよう!!

で再度言いますが、「ウナギ関係者に死ねというのか?」という文言は、通りません、なぜなら「ウナギが絶滅したらどっちにしてもお前らは死ぬ」からです。

思考の「辻」を曲がれ。

「思考」にも、実は癖があります。

やってみよう!ポピュリストとさえ言えば批判できる気がするよ!

民主主義のことを考えなきゃダメ?

悩み

すべての悩みを解決する方法を、今から書きます。

心に積まれた、「空箱」を捨てるのです。

↓書いてる人

書いてる人

書いてる人↑




◾️ translate.

チケットぴあ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031