1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

盆栽 167/365

盆栽妙 枝ぶりの良い五葉松の盆栽 幅20cm×樹高20cm

唐の時代に中国にあった「盆景」がルーツだと言われる。

平安時代にはすでに「盆山」と呼ばれ貴族の間では楽しまれていた。
江戸時代になると大名から庶民にも普及した。

手間と時間のかかる趣味である盆栽は、時間的・経済的余裕のある御隠居の趣味、というイメージが強かったが、1970年の大阪万博で広く世界にも知られ、「BONSAI」という呼び名で通じるようになった。

 

※三代将軍・徳川家光の大事にしていた松の盆栽は、現在に至るまで保管されている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金閣寺と銀閣寺 131/365

金閣は1950年に一度焼失したが、銀閣は当時のままである。

農具 039/365

製鉄技術が発明されたことで飛躍的に収穫量は向上し、人類は現代に至るまでに進歩するきっかけを得た。

貝原益軒 158/365

彼は『養生訓』の中で、「三楽」を提唱した。

漆器 195/365

木材・竹・紙・布・皮・合成樹脂などに漆を施した工芸品を指す。

正月 013/365

正月にまつわる風習は、若い世代を中心に、だんだん重要視されなくなってきている。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ