1日1ページ、世界の教養365 哲学

言語哲学 342/365

世界を満たす論理: フレーゲの形而上学と方法

世界について意味のある陳述をするために、話者が発する音と、紙に書かれた記号を使うことによって、仕組みを改名しようとするものだ。

言語学との共通点も多い。

もっとも重要な問いは、「どうやって名は世界の中で対象を特定し、それによって意味を持つのか?」という、指示の問題である。

意義と指示の違いを最初に指摘したのはゴットローブ・フレーゲである。
彼の著作は、言語と論理に関する現代哲学に、大きな影響を与えている。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネ・デカルト 104/365

「われ思う、ゆえにわれあり(コギト・エルゴ・スム」は、肉体と精神を分けて考えるという説明に、よく使われる。

功利主義 251/365

ベンサムは「偏見を抜きにすれば、プッシュピン遊びは、音楽や詩の技芸と同じ価値を持つ」という有名な言葉を残している。

『ダビデ像』 108/365

それを聞いたミケランジェロは、鼻の一部を「削るフリ」をしたという。

フレデリック・ショパン 222/365

ワルシャワを離れる時に彼は、祖国の土を詰めた銀の壺を持っていたという。

バートランド・ラッセル 349/365

分析哲学の創始者。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31