1日1ページ、世界の教養365 哲学

言語哲学 342/365

世界を満たす論理: フレーゲの形而上学と方法

世界について意味のある陳述をするために、話者が発する音と、紙に書かれた記号を使うことによって、仕組みを改名しようとするものだ。

言語学との共通点も多い。

もっとも重要な問いは、「どうやって名は世界の中で対象を特定し、それによって意味を持つのか?」という、指示の問題である。

意義と指示の違いを最初に指摘したのはゴットローブ・フレーゲである。
彼の著作は、言語と論理に関する現代哲学に、大きな影響を与えている。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

質料と形相 055/365

この質料形相論は、キリスト教が発展していく中で、西洋に絶大な影響を与えた。

ラスコー洞窟の壁画 003/365

自分の目の前にあること、起こったことを、思い出して同じ形に似せて描くこと。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031