なんとなく2文字から浮かぶこと

個性

個性という言葉は、「個」と「性」に分かれる。この場合の「性」というのは「…が持っているもの」と言い換えることができると思う。それそのものではないが、それを表すことができるもの。男性といえば「男…が持っているもの」。「男、を表すようなもの」とも言えるか。男が持っている性質であったり特徴であったり、男の「肉体や物質」というよりは、「表れ」として浮きぼりになるもの、「精神や概念」と言えるかも知れない。最近は「男性」が「男」と同じような意味で使われすぎて、「男の持つ性質や特徴」を表現するのにわざわざ「男性性」なんていう妙な言い方がされている。「女…が持っている性質」を「女性」と呼んでいるはずだったが、わざわざ「女性性」と言い換えている。ニュースでは被害者は「女性」で加害者は「女」と切り分けられる。まるで被害に遭うということそのものにあいまいな「女性」があり、加害する場合にはれっきとした「女」という自覚があるかのように聞こえる。「合理性」は「合理、が持っているもの」、「重要性」は「重要…が持っているもの」。実際にはちょっと違うニュアンスもあるとは思うけど、要するに「個性」と「個」は違う、ということを、今は言いたい。「個性」と「個」は違う。だからいくら「個性」を重要視しても「個」とは深く関係がない。個性が大切、なんてごまかしを言わずに、「個」を作れ、と言い切ればいいのに。いくら「個性的な服装」をして、「個性的な風貌」を装っても、「個」は揺るがない。どうしようもないのが個だ。まったく同じ学生服を来て、まったく同じ丸坊主になって、どうしようもなく出るのが「個」だ。そこから奇抜な服に着替えて、奇抜な色に髪を染めて、オシャレな街を跋扈してオシャレな店に跳梁しても、学生服の、丸坊主が「個」だ。個性より、気にすべきなのは個だ。揺るがない、入れ替えの利かない、ゲタを履かせられない「個」に、自分は何を求めるべきなのか。自分ではどうしようもないのが「個」だから、その「個」が自分で気にいるかどうかはわからない。それくらいどうしようもないのが「個」だ。だから、それぞれにあるはずの、入れ替えようもなくかけがえのない「個」が持っている性質、これをなんとか誰かのものと入れ替えたように振るまってとりつくろうのが「個性」かもしれない。個性が大事、なんて言われても、それを言うあんたの個はどうなんだ。でっぷり肥えて、アブラぎってるわりには眼窩はくぼんで眼球は濁り、偉そうに言うだけでなんら努力も改善もしない、それがあんたの「個」だ。「個」は、自分自身が自分自身でしかない証明にしかならないので、「個…が持っているもの」と思ってもらえるように、服装を変えて見たり、作品にしたり、言葉にしたり、「生き方」なんて気取ってみたりしてるんだな。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-なんとなく2文字から浮かぶこと
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金

お金

今、「俺の持つこの石は、その肉1kgに相当する。肉屋よ交換しろ」と言っても、信用が得られない。

勉学

勉学

「え?AO入試とか、社会人の大学受験できますよ。今から勉強したら?」と言ってもそういう人は「それは無理。ああ、勉強しといたらよかったなぁ」と繰り返すばかりで、いっこうに資料を取り寄せようとすらしない。

人生

そんなものは無視して良い。

社会

社会

「社会が許さない」と言われれば、どこへ謝りに行けばいいのだろうか。

戦争

戦争

すでに親を殺され娘を凌辱され、土地を奪われ故郷を追われた人々が「次は俺の番」だと攻撃の機会を待っている。

PREV
友愛
NEXT
性別
書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930