「 イーゴリ・ストラヴィンスキー 」 一覧

アーロン・コープランド 341/365

彼はアメリカの伝統音楽を取り入れた感覚を、自身の作品に盛り込んだ。

イーゴリ・ストラヴィンスキー 334/365

ストラヴィンスキーが書いた有名な三つのバレエ音楽のうち、最も物議を醸したのは「春の祭典」だ。

シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』 320/365

初演は1912年のベルリンだったが、聴衆からは大きな非難があったという。

調性と無調性 306/365

ポップスやニューミュージックのほとんどすべては、調性音楽の部類に入る。

アンリ・マティス 297/365

マティスは、フォーヴィズムの生みの親の一人に数えられる。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829