「ダイエット」してるバカ

牛丼でダイエットしよう!!!

こういうの、好きなのでついつい見てしまいますね。
ライガーさんww

そしてこれ。読みながら「ふふふ」と笑いが漏れてしまいます。

牛丼でダイエット?秋の夜長に牛丼をお試しあれ
http://agora-web.jp/archives/2022079.html

 

どんな顔して書いてるんだろう、この人ら…とw

この記事を書いた尾藤克之さんという方は、立派な方のようです。というかこの記事は、別にこの尾藤氏の論というわけではなくて、講演をされた管理栄養士・健康運動指導士の菊池真由子さんの弁が書いてあるのです。

面白いのは、

「牛丼は高カロリー」。
「太る原因は糖質」。
「肥満ホルモンであるインスリンが分泌され、脂肪を溜め込む」。

など、完全にまったく100%正しい科学的知識が披瀝されているにもかかわらず、いつの間にか

「サラダをオーダーしましょう」
「時間をかけて食べましょう」
「キムチのカプサイシンが」
「大根おろしも良いよ」
「納豆・卵にはビタミンB2がね」

と、牛丼とは関係のないサイドメニューにどんどん言及し、白米にはほとんど触れず「秋の夜長に牛丼を〜」と、かなり離れた場所にファサッと着地している点です。

こういう文章を読むと、

「ジェットコースターに乗ったつもりだったのにガタンと終了してみると最寄りの駅についていていつの間にか売店で何か買っている自分」を想像してしまうのです。

読み終わった頃には「牛丼でダイエット」というタイトルの数文字のみが脳裏に残り、「食欲の秋だなぁ〜」という月並みな感想が膝下からじわじわ押し寄せてきて、どうして「ダイエットになるのか」とか「実は白米は」などの科学的根拠は、意識から消え失せてしまいます。

要するに「何か目的があって、ごまかしたようなことをゴチャゴチャ書いて記事っぽくしてるだけだな?」という印象に気づくか気づかないか、がリテラシーの分水嶺、ということになりますね。

この記事の内容には、「牛丼の特盛くらいの食べ物を、そのままかき込むように食べるよりは」、工夫すればダイエットになるかもよ〜ん、というくらいの意味しか無いようです。

 

本気で痩せる気なら、牛丼を食ベるなど、もってのほか。

この記事を書いている尾藤さんも、講演をしている菊池さんも、「牛丼食べれば痩せる!」などとは1文字も書いてませんし、そんなことは最初から思ってもいません。

ちなみに菊池氏は「牛丼の肉は糖質ゼロのため太りにくい食材といえるでしょう。」と書いていますが、牛丼に乗っている牛肉は、たっぷりのタレで甘く煮てあります。そこには触れてない。

そのタレに含まれる糖質は、一人前食べればそこそこのものなのに、です。

「糖質ゼロ」なのは「牛肉」であって「牛丼の肉」ではないんです。

こういう誤魔化しが当たり前になっているのはいかがなものか、とは思いますね…。

 

まったく…

とうんざりしながら試しに「牛丼 ダイエット」で検索してみると、トップにきた記事があります…この内容がすべて本当に正しくて、新常識なら「!?」などつける必要はないと思うんですけどねえwww

逆転の栄養学〜まさかのすき家ダイエット 第2回「牛丼(すき家)ダイエットのイロハ、教えます!
http://jbpress.ismedia.jp/ts/zg/201310/

さまざまな角度から色々と書いてあるので詳しくは読んでもらいたいんですが、こんな立派なサイトを作ってまで…と思ったら、作っているのは「すき家」だったというwwww

何度も書いていいと思うので何度も書きますが、肥満になるのは「糖質」が原因であり、牛丼に入っているもので「糖質」の代表と言えば、ハッキリ「白米」だと誰でも断言できます。

端的に言えばダイエットというジャンルにおいて、糖質以外は問題ではないんです。脂肪なんか食べてても太りません。

白米を食べ続けている限り絶対に肥満は解消されないし、糖尿病への道が閉ざされることはない。

「何ごともバランスよく」という言説に惑わされてはいけないのです。さらにもちろんですが、牛丼屋が推奨するサイトの中には「牛丼絶対食べないダイエット」という項目は存在しません。

でも本当に「牛丼ダイエット」が可能なのであれば、牛丼チェーンの社員が「牛丼ダイエット」を1年でも2年でも実践し、記録し、その様子をサイトの記事にした方が説得力があるだろう。

これはあまり言わない方がいいかもしれないが、管理栄養士や医者は、実は仕組みを知っているんですよ

 

牛丼

 

知っているのに、黙っている。

うわあ、知ってる人は知らないフリで、知らない人は知らないままで、牛丼は美味いけどちょっとした変な補助線引かれて、人生に余計なサイドステップが増えたりするのもわれわれ庶民のサガっていうもんなんだろうなぁ、なんてことも思います。

別に誰が、牛丼屋からいくらもらってようがもらってなかろうが、そんなのはどうでも良いことです。見極めて、実践して、結果をフィードバックさせるのは自分です。

…なんて、とっくにソフトバンクから離脱しながらもスーパーフライデーのことをくどくど考えている今日この頃であります。


 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-「ダイエット」してるバカ
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

謹賀新年(糖質制限はやめろ、という意味で)

今年もよろしくお願いいたします。
こんな感じでいきま〜す。

肥満のシステムここにあり

バカですか?

精進料理にこみ上げる可笑しさ

申し訳ないけれど、この世にあるあらゆるダイエットは、無駄です。嘘です。
なんの根拠もない、思いつきの、経験だけに基づいたエセ宗教的な戯言です。

白米

ご飯が毒なら本望さッ

55gは、角砂糖に換算して、驚愕の14個。

あの和食の雄ですら…なのは、基準がおかしいからだった

いつか抜本的なパラダイムシフトが起こらないと、日本人は糖尿病で死に絶えます。

書いてる人


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031