自論構築過程

七つの大罪の次(無料の罪/トライアル・シン)w

七つの大罪(22)限定版 (講談社キャラクターズA)

聖戦の予兆
http://www.7-taizai.net/

来年2月にはDVD発売も決まって。

またアニメシリーズ始まるんですねえ。

 

読んでます。「七つの大罪」。

もともとはカトリックの用語ですね。

「暴食」「色欲」「強欲」「憂鬱」「憤怒」「怠惰」「虚飾」「傲慢」。

その昔これを、人間が持つ「重要な欲=罪」と捉えて、戒めの対象にしたと。
だいたい、みんなこんなの、経験してるというか、心当たりあるでしょw

聖戦ではここに「十戒」が加わる。
これも、「モーセの十戒」にヒントを得てるんでしょう。

曰く、
1、わたしのほかに神があってはならない。
2、あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
3、主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。
4、あなたの父母を敬え。
5、殺してはならない。
6、姦淫してはならない。
7、盗んではならない。
8、隣人に関して偽証してはならない。
9、隣人の妻を欲してはならない。
10、隣人の財産を欲してはならない。

これら、計17個を「戒めなければならない」のは、そもそも人間というものは…っていうことなので、これを決めることになった時代背景や世相が、逆にうっすらと感じ取れるっていうことでもあります。

例えば今、日本に姦通罪という罪は刑法上ありません。
昔はあった。
旧刑法の第183条に。

そして旧民法はそれを受けて、刑を受けた者はその相手と婚姻することを禁じていました。

今はない。
江戸時代には死罪。
現行犯の場合には間男と妻を殺害しても、夫は罪には問われることがなかったとか。

 

10の戒め、という題目は、仏教でも有名ですね。
それぞれの意味は調べてみてください。

そう、
1、不殺生
2、不偸盗
3、不邪淫
4、不妄語
5、不綺語
6、不悪口
7、不両舌
8、不慳貪
9、不瞋恚
10、不邪見

 

似てますね。
そういえば、「6、不悪口」が、「それ自体が罵倒語やないかいw!」と一部で話題になっていましたねwwww

これはこれで面白い。
実際、日本のお坊さんに仏教のことを語る資格などありませんので、一笑に付すダジャレとして受け止めておきましょう。

坊主ごときが仏教について語るな。

 

ブリタニア?

ってことはイギリスが仮想舞台なんですよね。
聖騎士という、「聖」なのに「魔力」を操る強力な武人と、普通の騎士がいる。
聖騎士はもちろん尊敬を集める超常の存在。
多分この世界では「魔力」というのは「スーパーパワー」を表す普通名詞的な使われ方をしているのでしょう。

いや、この先はわかりませんね。魔人族と人間族の根源的な関わりが明らかになっていくのかも。

 

少年誌らしく必殺技やレベル(ドラゴンボールでいう戦闘力みたいな)を表す「闘級」など、男子がぐっとくる要素が盛り込まれてて、そこに加えて、腐女子もグッッッとくるBL要素も多分に含まれている(らしいですw)。

まだまだ謎や伏線が盛りだくさんで、どうなっていくのか予断を許しません。
作者の鈴木央先生はどうやら「溢れ出す」タイプの人のようで、どう考えても週刊連載の、よく聞く漫画家の先生たちの許容量をはるかに超える仕事をしているように感じます。

それは別に密着取材の様子を見たわけでもないんですけど、単行本の様子とか、絵の書き込みとか、アニメへの関わりとか、そういうのからビシビシ感じるんですよ。

すごいなぁ、と。

聖と魔は全世界的題材

ヨーロッパを中心に、「聖」なるもの、「魔」なるものの対極性は物語のモチーフに、よくされていますよね。

有名な漫画には多く採用されている。
それは「悪」の説明として「魔」がとても便利で、「善」の説明として「聖」がとても簡便だからでしょう。

つまり「善」と「悪」の意味や要素を、我々はすでにベースとして持っているからこそ「魔は悪」「聖こそ善」という前提をすんなり受け入れられるわけであります。

魔はオドロオドロしく、グロテスクで、不潔で、臭くて。
聖は輝かしく、清潔で、光に満ちている。

光が強ければ強いほどまた陰も濃くなっていく、の道理で、「魔」は「聖」の双子なんでしょう。

悪がなければ、何が善かがわからないように。
ひょっとして、社会通念として我々が目指そうとしている「善の世界」は「悪」を前提として成り立っているのではないか、とすら思いたくなります。

悪を駆逐し、魔を退ける、その行為にこそ、善が宿る、という風に。

 

太陽(サンシャイン)

コミックスでは最近活躍しているエスカノール(傲慢の罪)、その魔力は太陽を彷彿とさせるのですが、この時代(設定では)、科学は「魔力」を説明するものにしか過ぎないわけですよね。

言ってしまえば、太陽の周りを地球が自転しながら周回しているなんてことは、誰も知らない。

となると、魔力の根源として使われる「太陽」は、単なる「イメージの増幅」でしかないということになりませんかね。

メリオダスの謎と、十戒との戦いはどうなっていくんでしょう。
まだ、どこかに「魔神王」の存在もあるし。
「女神族」の全貌もまだ解き明かされていないし。

 

23巻(最新刊)は10月17日発売予定。

 

こんなスピンオフ作品もできてる(作画は別の作家さん)。

スペシャルアニメのオープニング、MUCCの「CLASSIC」は良い曲です。

なんとそれが、Huluで全部観れると言う。
2週間あれば、無料期間中に全部観れてしまうという奇跡。八つめの大罪じゃないかww

流し見にもってこい、ですよ。何回でも観れるし。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「玉兎」と名付けるその素晴らしさ

完全なる真っ暗です。

原発事故

「安全より安心を優先しろ」は寝言か?

出すべき結論が逆でしょう。

実は、性格はかんたんに変えられる

殺します?即座に殺します?

カツラ2

政治家はカツラをかぶるな

と言うか、お前、はじめから一個、ウソついてるやんけ。

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム<海容>

なぜなら、「あなたのこと」、だからです。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031