手続申請悲喜交交

絶対めちゃ得「ふるさと納税」って?

ふるさと納税、っていったい何。

これ、ものすごくわかってる人(割と得してる)と、「いったい何。」と言い続けている人が、いますねw

中には「怪しい!」と言ってる人すらもいて、情弱すぎて「怖いよねえ」なんてこちらが話を合わせてしまいそうになります。教えてあげればいいじゃない、とも思いますけど、そういう人らは「自分の理解できる範囲だけを信じる」という性質があるので、小学校3年生くらいからやり直すしか、矯正する方法はないように思えてきます。幸あれ。

 

「節税」です。

さて、ふるさと納税は、言ってしまえば「事実上の節税」なんですね。

そして実際は納税ではなく、「寄付」です。

たとえば、いろんな自治体がありますが、自分で選んで、50,000円の寄付をするとする。

そうすると、20,000円ぶんくらいの返礼品がもらえたりします。牛肉だったり、器だったり、もうそれは多種多様で選べないくらい。

それだけだと「30,000円を寄付したってこと?」となりますが、のちに48,000万円の住民税・所得税が控除されるんです。ああすごい。

 

つまり、50,000円出しても、48,000円返ってくる。

残るのは、牛肉だったり、器だったり、もうそれは多種多様で選べないくらいの品。

たった2,000円で、これもらえるの!?っていう。

だから、知ってる人はえらい得してる、っていうことなんですね。

でも、この返礼品競争が自治体では過熱しすぎて、「いい品で寄付を集めるのだーッ!」となりすぎたことで、総務省が「3割規制」を要請。

3割を超えないように調整している自治体が増えているようですが、それでも、「ふるさと納税」ですごいお得、なことには変わりないのです。

 

ただし、これは「控除されるからお得」というような話なので、「俺は今年、とにかく500万円分、寄付したい」とかは、できないんです。

年収によって、できる寄付額が変わってきます。
控除される額が年収を超える、とかっていうことにはできない。

 

でもやり方はめちゃ簡単です。

 1、寄附したい自治体と返礼品を決める←肉を狙うべしw
2、自治体に寄附を申し込む←専用フォームがあってわかりやすし
3、お礼の返礼品を受け取る←転売は倫理的にひどし
4、寄附金受領証明書を受け取る←無くしたらアウトし
5、税金の控除を受ける←確定申告を忘るるべからず

ちなみに、「ふるなび」で見てみると、

返礼品ランキング1位はコメ。

山形県上山市の、28年産米(はえぬき)20kg。

2位が肉。
福岡県久留米市の、九州産黒毛和牛 切り落と1kg。

3位は愛知県碧南市の、三河一色産うなぎの炭火焼。

これらが、10,000円の寄付で8,000円返ってきて、2,000円で手に入る、って最高じゃないですか。

もちろん、「自分の故郷」で探す、のもアリでしょう。
やってない自治体もありますけどね。

探すの、面白いですよ。

ふるなび

総務省ふるさと納税ポータルサイト
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-手続申請悲喜交交
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネットワーク利用制限を調べる。

下の方に、「IMEI」という箇所があり、そこに数字が並んでますよね?

ブックオフ

Yahoo!プレミアムに入ろうよ

絶対損はない、と言っておきましょう。

仕方ねえ、macOS Sierraにアップグレードすべえ。

なんだかほぼ元どおりっていう感じ。

橋本環奈

U-mobileにWi-Fiサービスが追加されたぞ

Wi-Fiの恩恵を受けてない人なんて、もういないんですから。

架空請求ってバカっぽくて好きダワ

一瞥してゴミ箱行きでよろしいでしょう。

書いてる人


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031