ニュース手短に。

恵方巻きを責めてもオマエはえらくならないよ


今年も節分、豆まきでした。
豆まきはあんまりなんとも思わないんですが、恵方巻きというのは、いつもなんとなく、しみじみとした面白さを感じていて、なんか好きなんですよね。

恵方巻き商法 コンビニ戦略のひずみ
http://mainichi.jp/articles/20170204/ddm/005/070/024000c

恵方巻きが徐々に全国規模に、コンビニを中心に「強引に」広がっていってますね。

年明け前に、クリスマス前くらいからすでに「恵方巻き」っていう表示を見ることもありました。そんなに作っても売れない、という若干の方向転換か、「予約」に重きを置いているようにも見えましたが。

予約販売が中心の恵方巻きは、学生アルバイトにも「1人30本」などのノルマが課されることがあるという。家族や知人らから注文を取らないと、自腹を切って給料を削ることになる。

ですって。

そんなアルバイト、辞めたらいいのに。

 

あと、恵方巻きは別に伝統ではない、戦後に神戸の海苔業者が…という話も出てきますね。

確かにそうかもしれない。それを言い出したらバレンタインはチョコレートメーカーだし、クリスマスだって、アメリカのデパート業界とコカコーラの画策ですよ。土用の丑にウナギを食べると言うのは平賀源内が考えたキャンペーンだそうです。だいたい、ウナギにアブラが乗って上手いのは、真夏じゃないし。

「だから恵方巻きなんていう風習はいらない」と言いたくなる気持ちはわかります。

 

一説には、恵方巻きは芸者遊びの一つ。

つまり女性に巻き寿司の丸かぶりをさせて、劣情を催して馬鹿騒ぎする、というようなことが元になっているそうです。「俺の恵方巻きを〜」的なことですね。いや、そうかもしれません。その当時は巻き寿司くらいしかそれに見立てられるものはなかったんでしょう。

で、「だから恵方巻きなどは広める必要はない!」という気持ちになっていくみたいです。

バイトでノルマを背負わされるとか、店長が本部から過大な責任を、とかなら恵方巻きを恨むのもわかりますけど、嫌なら関わらなきゃいいのに、どうして「恵方巻きなどは駆逐すべき悪習」みたいなことを言い放ちたくなるんでしょうね。

 

 

 

上からモノ、言いたいんですね。

 

「恵方巻き」がよくできているのは、「恵方を向いて食べる」っていう部分でしょう。

これ、肉まんなんかだともひとつ「そっちを指し示している」っていう感じにならないんですよね、丸いから。巻き寿司が細長く、異様な形状だからこそ、特定の方位に向けることに意味を感じる。

そして毎年変わる恵方。
2017年の恵方は「北北西」でした。

岡副麻希アナ 仰天の誤読 北北西を「キタキタニシ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000101-dal-ent

そう、キタキタニシです。競馬馬みたい。

 

このキタキタニシ、どうやって決めてるんでしょう。

いわゆる「十干十二支」で決めているんだそうです。

十二支とは、おなじみの、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

十干とは、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」。

12なのか10なのか。

全てを12に割るというのは、なんだかすごく合理的だと思います。例えば円を、北極から南極に包丁を入れて切るとしましょう。
2つに割れますよね。さらに赤道で切る。これで4つ。あと2本線を入れれば、時計と同じです。

自然に、合理的に割っていくと12になる、というのは、なんだか太古の人が思いついた感じがして驚いた様子が想像できます。

「十干」は、10個に分けてますよね。
これは「木・火・土・金・水」という「五行」という考え方、この5個に、それぞれ「陰と陽」があるので2倍、ってことで10個なんだそうです。個人的にはこれ、「なんだか賢そうな人が理屈こね回した感じ」がしてあんまり合理的じゃないな、っていう印象を持ってますwすいません。

私たちが「えと」と呼んでいる「干支」というのは、この「十干十二支」を組み合わせたもののことを言うんですね。「今年の干支は酉(とり)だ!」と言ってしまいますが、2017年は「丁酉(ひのと・とり」です。

「十干」は、そのまま10進法ですから、10年周期でまわっています。

 

恵方は、この「十干」で決めているそうです。

誰がそう決めたのか、はわかりません。
でも10年に1度おなじ恵方になるということは、下ヒトけたで判断できるっていうことですね。

こうなるそうです。

十干・読み方・下ヒトけた・十二支でいう位置→場所→恵方

甲・きのえ・4→寅と卯の間→甲の方角→75度→東北東微東
乙・きのと・5・申と酉の間→庚の方角→255度→西南西微西
丙・ひのえ・6→巳と午の間→丙の方角→165度→南南東微南
丁・ひのと・7→亥と子の間→壬の方角→345度→北北西微北
戊・つちのえ・8→巳と午の間→丙の方角→165度→南南東微南
己・つちのと・9→寅と卯の間→甲の方角→75度→東北東微東
庚・かのえ・0→申と酉の間→庚の方角→255度→西南西微西
辛・かのと・1→巳と午の間→丙の方角→165度→南南東微南
壬・みずのえ・2→亥と子の間→壬の方角→345度→北北西微北
癸・みずのと・3→巳と午の間→丙の方角→165度→南南東微南

「北北西微北」とか言われると、誰がそんなに正確に巻き寿司をそっちへ固定して食べられるんだ!?という気もしてきますね。

 

恵方巻きはなんのためにあるのか

重要なのは、「巻き寿司を食べるっていうことだけにしても願をかけ、幸せを思い、健康を祈った庶民に親しまれた」っていうことであって、巻き寿司がなければスニッカーズでもいいし、恵方が分からなければ先祖のお墓の方へ向いていてもいいんです。

「そんなものは科学的でない」や「迷信だ」と切り捨てるのは、いつでもできるでしょう。それで「恵方巻き博物館を建てたいので6億円の寄進をお願いします」とかになったら困るけど、そうでもないんですから怒ったり糾弾したりせずに、それなりにふ〜んと言っておけばいいんだと思いますよ。なんだか社会問題のふりしてニュースとして流したりするメディアがあるので、「そんな、アルバイトに違法な負担をかける風習は許しがたい」ということを言うことに、一定の正義レージ(マイレージみたいなもの)がたまる錯覚をしてしまいがちなんですよね。

 

周りにあるものを貶(けな)しても、蔑んでも、あなたは偉くなりません。

タレントさんの「アンチ」と化して、日々問題を論(あげつら)い、粘着して悪口を指でスマホに叩き込んで書いてる人らがたくさんいるんですが、あなたたち、生きながら地獄に落ちてますよと言ってあげたい。いや、言ってあげたくはないかww

いくらムカつく人を悪く言っても、自分は幸せにはなりません。他人が落ちたことで自分が上がったように思うのは、最もわかりやすい「錯覚」です。悪口を言う労力は割と軽くて、でも使う時間は同じですから、やればやるほど人生の質は落ちていくことになります。悪口を書き込んでスカッとしてる人はこんな部分読んでないと思いますけどw、人のダメなところが異常に気になって、時間を使って「錯覚」して、見下した気分になってさらにストレスを溜めてることに気づかない、なんて、もはや動物以下の知能ですよね。頑張ってください。

 

 

恵方巻きに限らず、こうすれば自分にとって何かいいこと起こりそうな気がする、みたいなことは、自分で決めればいいんですよ。こうでなきゃいけない、なんてことはない。「神社の格」とか「神様の位」とかも、所詮、他人の基準です。「こうでなきゃいけない」「こう決まっている」というのはたいてい、利権とセットですから、あんまり気にしない方がいい。

だからと言って年がら年中、巻き寿司巻いて恵方へ向けて、っていう人はあんまりいなさそうですけどね。いてもいい。2月でなければバチが当たる、とかじゃないから。

「バチが当たる」っていう表現も、割と好きです。
「当たる」っていう考え方が。「当たる」か「当たらない」かなんですね、バチって、っていうね。

 

 

ところで、海鮮恵方巻きはけっきょくイカを、ズルッと一気に食べることになってしまいませんか…。

 

 

 

↓これ、いつ使うんだろう。

 

 

 







-ニュース手短に。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サイゼリヤもパッと禁煙化〜w

2軒並んでたら、よほどメニューや価格に差がないとしたら、「全面禁煙」の方に人気が出るのは当たり前だと思います

いやいや、こんな、雪の降る日にさぁ

ゆっっっっっっくり走って、気を使ってる風の商業車とかもいますけどw、一緒ですからね。ゆっっっっっっくり、人や建物にぶつかるだけです。

フランスは激怒するか

えらい事故です。 トラック突入、死者73人に=仏報道 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000022-jij-eurp まとめ。http://n …

Rosetta_Stone

韓国は文化財不法輸出入等禁止条約を批准していないのか

ひょっとして韓国、批准してないの?か?

トランプ

これからどーなる、トランプちゃんを予想する

それをやって、現職の大統領であり全軍の総帥でありながら暗殺された人がいます。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031