「 月別アーカイブ:2020年12月 」 一覧

「宇宙とつながる」とはいったいなんなのか

で、その先の、「お星様が輝いているところ」が宇宙なんですね。

今すぐ辞めたいと願う男性に選ばれているらしい。

そんなに退職ってするものなのかな。

我を崇めよ!『帝都物語』を読むぞ

ちょっと読んだだけで、陰陽師とか魔術とか、今、多くのスピリチュアルな人らが普通に使ってる言葉の、「初出」を見るような気持ちになって来る。

「あれは漫才じゃない」っていう言葉はいったいなんなのか

なんだ…まったく意味のない、自分の生活に不満がある人が嫉妬で「俺(私)はわかってる側の人間なのに不遇なだけなんだ」を別の言い方で言ってるやつか…っていう感じで、拍子抜けです。時間の無駄でした。

Retrospective KEN TAKAKURA

それにしても毛量が多いのです。
昔の高倉健を見るといつも思うのです。

ナショナリズム

だけど、それらを捨て去ることがグローバリズム、ということでもないでしょう。

「安全より安心を」は100万回もぶり返す魔法の呪文だった

「絶対安全じゃないとだめ」なのに、よく平気でバス・電車・自動車・自転車・飛行機・エレベータ・エスカレータに乗ってますよね…。

ワイ、フロスを選ぶ。

一番上の画像のやつが、最終決定稿、かな。

KYOSUKE HIMURO 60th Anniversary WOWOWスペシャル

WOWOWでスペシャル企画を、やってるんですね。

文明

まったく異なった価値観でありながら、ドルを奪い合っている。
まったく違った死生観でありつつも、同じ技術で命が救われている。

1917は鬼滅の刃の時代でもあるよね

第一次世界大戦と言えば塹壕(ざんごう)。塹壕と言えば第一次世界大戦。

訃報は何歳くらいからが悲しいのか

厳密に言うと、「人の死はみな同じ」なんだけど、そこの至る道程が、全て違う。

2021年限定「祝日の移動」x 3

すでに作られてしまっているカレンダーについては、修正シールが要りますね。

巨頭族はこのヘッドフォンを買え

その前に使っていたヘッドフォンは、アームが折れました(装着する時に開く幅が大きいから?)。フリスクの空き箱で添え木してしばらく使ってた。

「プライドが高い」とはなんなのか

「彼って、プライド高いんです」っていう言葉、聞いたことないですか?

バーバリアンというタイトルに込められた皮肉

Quintili Vare, legiones redde!

時代を奏でた40本の愛機たち

そしてなんと、写真・動画撮り放題…!!
これってなかなか無いんじゃないですかね。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031