「 月別アーカイブ:2019年12月 」 一覧

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

今年(2019年)はどんな年でしたか。

ゾロアスター教 364/365

ゾロアスター教は、天国・地獄・最後の審判を信じた最初の宗教である。

道徳的相対主義 363/365

現代の哲学者の中には、この主義を擁護する人はほとんどいない。

20世紀音楽 362/365

ピンク・フロイドのアルバム「ウマグマ」には、「わかるかい、ヴァレーズ?」という声が入っていると言われる。

核分裂 361/365

反応時間は1000分の1秒だ。

ポップアート 360/365

ポップアートは運動は「新リアリズム」「ネオ・ダダイズム」とも呼ばれる。

『ギリシアの壺に寄す頌歌』 359/365

ジョン・キーツの詩。

ネルソン・マンデラ 358/365

ネルソン・マンデラはのちにノーベル平和賞を受賞し、大統領に選ばれる。

シク教 357/365

シク教の唯一神は「イク・オンカール」という。

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 356/365

彼は哲学的問題は、言語についての混乱に原因があると語った。

クラシックとポップスの架け橋ージョージ・ガーシュインとレナード・バーンスタインー 355/365

二人は、ミュージカル界の偉人でもある。

正規曲線 354/365

正規曲線を最初に思いついたのはアブラーム・ド・モアヴルだが、特徴を数多く発見しているガウスの功績をして「ガウス曲線」と呼ばれることも多い。 正規曲線では、代表値(平均値、メジアン、モード)は、すべて同 …

ジャクソン・ポロック 353/365

彼は完成作品と同じくらい、絵を描く行為を大切だと考えていた。

魔術的リアリズム 352/365

魔術的リアリズムを世界的に有名にしたのはガブリエル・ガルシア=マルケスだ。

ブラウン対教育委員会裁判 351/365

主席判事のアール・ウォーレンは、その判決理由の中で、「公立教育という分野に『分離すれど平等』の原理が入る余地はない」とした。

神道 350/365

神道には大まかに分けて4つある。

バートランド・ラッセル 349/365

分析哲学の創始者。

コープランドの『アラパチアの春』 348/365

彼の「アメリカ的牧歌」時代の代表曲である。

階乗! 347/365

「!」は階乗を示す記号だ。

サルバドール・ダリ 346/365

奇異にうつる言動は、その手法を突きつめたものであったのだろうか。

『再臨』 345/365

ウィリアム・バトラー・イェーツの詩。

毛沢東 344/365

西洋においては、左派の支持者が多くいた。
しかし彼の統治の残忍さと破壊ぶりに、多くの人は驚愕した。

儒教 343/365

そこには主に上下関係が存在し、これを守らないから社会が乱れる、とした。

言語哲学 342/365

言語学との共通点も多い。

アーロン・コープランド 341/365

彼はアメリカの伝統音楽を取り入れた感覚を、自身の作品に盛り込んだ。

囚人のジレンマ 340/365

お互いが仲間を思いあえば、6ヶ月で済む。

『アメリカン・ゴシック』 339/365

彼はこの作品でシカゴ美術館のコンペで銅賞を獲得し、賞金300ドルを得た。

『僕もアメリカを歌う』 338/365

ラングストン・ヒューズの1926年に発表された詩。

マンハッタン計画 337/365

アインシュタインはローズヴェルトに手紙を送ったことを、後悔していたという。

道教 336/365

中国に古くから続く、古代思想の一つ。

正義 335/365

正義にかなう社会とは、どんなものだろうか。

書いてる人



2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031