「 月別アーカイブ:2019年11月 」 一覧

イーゴリ・ストラヴィンスキー 334/365

ストラヴィンスキーが書いた有名な三つのバレエ音楽のうち、最も物議を醸したのは「春の祭典」だ。

マルク・シャガール 332/365

シャガールは「すべての色は、隣の色と仲が良く、反対の色を愛するものです」と語った。

レフ・トルストイ 331/365

彼はロシアの貴族の家系に生まれた。

Dデー 330/365

この日から、ドイツによる支配は崩壊し始める。

カースト制度 329/365

インド社会の差別構造の基礎となっている。

真 328/365

そのほかにも、「余剰説」がある。

十二音技法 327/365

無調性音楽の巨魁、アルノルト・シェーンベルクは十二音技法を確立・発表したが、生涯で最大の批判を浴びた。

フェルマーの最終定理 333/365

357年間、誰も解けなかった問題を解いた。

黄金比 326/365

約1.1618だが、正確には無理数である。

『ゲルニカ』325/365

ピカソはこの絵を、ニューヨーク現代美術館に送るよう要求した。

『ソネット18番』 324/365

「ソネット18番」は美しさとはかなさ、芸術が持つ不朽の力を表現している。

ミッドウェー海戦 323/365

現在はアメリカの国立野生生物保護区になっている。

ヒンドゥー教の叙事詩 322/365

「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」がある。

分析哲学 321/365

英語圏とスカンディナビア語圏を中心に、哲学研究では主流となっている。

たまに確認したくなる、スマホ料金事情。

「自分の生活・生活圏・生活習慣を見直す機会」でもあるんですよね、スマホ事情確認、って。

シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』 320/365

初演は1912年のベルリンだったが、聴衆からは大きな非難があったという。

ピタゴラスの定理 319/365

ピタゴラスはギリシャで、数字を崇拝する教団を率いていた。

パブロ・ピカソ 318/365

遺言さえなかった。

古風な「モテる男の十か条」は通用するか

…そうか…そうなるとやっぱり「3、金」って大事ね、とか思ったりして…。

ロマン主義 317/365

伝統と因習を否定し、個人の自由を優先させた。

ホロコースト 316/365

アウシュビッツで勤務していたナチ親衛隊は7,000人にのぼるが、このうち、裁判にかけられたのはわずか800人だったと言われている。

ファスナー折れたら粘土で固めろ。

柔らかい。このまま放っておくとカチカチに?

カルマ 315/365

カルマには「プラーラブダ・カルマ」「サンチタ・カルマ」「アーガミ・カルマ」がある。

実存主義 314/365

フランスの哲学者たちの思想を説明するために作られた用語である。

新ウィーン楽派 313/365

師匠であるアルノルト・シェーンベルグと2人の弟子によって、ウィーンを中心に始まった音楽活動。

円周率 312/365

円周率には、人を惹きつける魅力がある。

キュビズム 311/365

ブラックとパブロ・ピカソは、主としてフォルムを分解することに関心を寄せた。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

アドルフ・ヒトラー 309/365

今もその頭蓋骨は、モスクワの政府庁舎に保管されている。

禅宗 308/365

瞑想は9年にも及び、禅宗の礎となった。

美学 307/365

美しいものが芸術か?
では夕焼けや風景、日常にある美しいものも芸術なのか?

調性と無調性 306/365

ポップスやニューミュージックのほとんどすべては、調性音楽の部類に入る。

素数 305/365

2018年12月の時点で「素数として確認された最大の数」は、24,862,048桁の長さを誇る。 素数は、1よりも大きく、1とその数自身でしか割り切れない数のことを言う。 素数の数は無限である。 この …

書いてる人



2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930