「 月別アーカイブ:2019年08月 」 一覧

ジュゼッペ・ヴェルディ 243/365

彼はミラノ音楽院への入学ができず、個人教授をつけて学習していた。

音波 242/365

音は、波の持つ「周波数・波長・速度・振幅」という、典型的な特徴を全て持っている。

メアリー・カサット 241/365

彼女は女性をモチーフに描き、女性そのものの社会的な権利向上に貢献した。

サウダーヂ。『ジョアン・ジルベルトを探して』

ラストシーンの、驚きと余韻。

『吠える』 240/365

時代に対し、激しい非難を浴びせ続ける彼の言葉は、出版直後に発禁処分を受けるにじゅうぶんなものだった。

アポマトックス・コートハウス 239/365

1865年4月9日の午後、南北戦争は終結した。

スーフィズム 238/365

スーフィーという言葉は、「羊毛」を語源とする。

イマヌエル・カント 237/365

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

ヨハネス・ブラームス 236/365

彼の死は「ロマン派の時代の終わり」を告げるものだとさえ言われた。

虹 235/365

虹をくぐることはできない。

オーギュスト・ルノワール 234/365

「神々の楽園としての地上世界。それを私は描きたいのだ」とルノワールは言った。

『見えない人間』 233/365

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

エイブラハム・リンカーン 232/365

リンカーンは暗殺された。 南北戦争には勝利したが、その先の平和をその目で見ることはできなかった。 彼を暗殺したジョン・ウィルクス・ブースという男だ。 元イギリス首相トニー・ブレア氏の遠縁に当たるという …

シーア派とスンナ派 231/365

ムハンマドは、後継者をはっきりと指名し、決定しなかった。

意思の自由 230/365

決定論か、道徳的責任か。

ニッコロ・パガニーニとフランツ・リスト 229/365

二人とも演出に長け、女性を虜にした。

太陽と核融合 228/365

そして地球を、飲み込んでしまうだろう。

クロード・モネ 227/365

ジヴェルニーの彼の自宅には、今もたくさんの観光客が訪れる。

マルセル・プルースト 226/365

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

ジョン・ブラウン 225/365

彼の過激な行動は、結果的に南北戦争の火種となり、奴隷制は廃止になった。

シャリーア 224/365

それはシャリーアが、アッラーの定めたものだからだ。

悪の問題 223/365

神が全知全能で、完全なる善ならば、なぜこの世には悪がはびこっているのだろう。

フレデリック・ショパン 222/365

ワルシャワを離れる時に彼は、祖国の土を詰めた銀の壺を持っていたという。

摩擦力 221/365

摩擦力が小さいと、滑ってしまう。

『考える人』 220/365

膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

マシュー・ベリー提督提督の日本 218/365

ヨーロッパの国々は追いつかれるだけでなく、追い抜かれた。

イスラム教の五行 217/365

すべてのイスラム教に課せられる、5つの義務。五柱ともいう。

吉田佳史 1st SOLO LIVEであらたまる、凄腕ドラマーへの敬意。

私が言うんだから間違いないw、ちゃんと、ほんとにおもしろいのです。

因果関係 216/365

因果規則性説、および因果反事実説、どちらも欠陥がある。

ロベルト・シューマンとクララ・シューマン 215/365

ロベルトは病んでいた。

電池 214/365

電池は、正極、負極、電気活性物質、電解質の4つで出来ている。

オーギュスト・ロダン 213/365

「鼻のつぶれた男」は公的な展覧会では未完成の誹りをうけ、拒絶されたりもした。

書いてる人



2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031