「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

マリー・キュリー 151/365

彼女は二度、ノーベル賞を受賞している。

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

ギター殺人者の凱旋はなぜにそんなタイトルになったのか

だいたい「ギター殺人者」っていう日本語がおかしい。「底抜け一等兵」とか「兵隊やくざ」のノリですよねこの命名って。

ピョートル大帝 148/365

彼はひげを禁止した。

イエスの磔刑 147/365

イエスは激怒していた。

時間 146/365

つまり「今」とは「ここ」と同じようなもの、ということである。

モーツァルトの『レクイエム』 145/365

1791年7月、彼の家に、見知らぬ男性がやってきた。

ワクチン 144/365

キリスト教は、ワクチンに当初、反対していた。

『真珠の耳飾りの少女』 143/365

目と口に、わずかに塗られた白とピンク。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

フランス王ルイ14世 141/365

国王が絶対的権力をほしいままにする体制を作ったが、それ自体が、フランス革命への道を作ることになった。

最後の晩餐 140/365

イエスは、この晩餐の後、みずからにどんな運命が迫るのかを知っていた。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 138/365

幼少の頃から天才として生きたモーツァルト。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

レンブラント 136/365

プロジェクトによる調査の結果、レンブラントの絵画と言われるもののうち、約350点だけが彼の真作だと判定されることになった。

『カンディード』 135/365

ヴォルテールの交友関係は広い。

ウェストファリア条約 134/365

プロテスタントとカトリックの間の、宗教紛争として始まった30年戦争に、ヨーロッパの領主たちはうんざりし、ドイツのウェストファリアで平和条約を結ぶことになった。

マグダラのマリア 133/365

これが、「イースターの卵」を贈る習慣の由来だと言われている。

アプリオリな知識 132/365

1+1=2、は、アプリオリな知識なのだろうか。

ハイドンの『ロンドン交響曲』 131/365

中でも104番「ロンドン」は、古典派交響曲の最高傑作と言われる。

宇宙についての雑談

だから、「雑談しておかないといけない」。

チャールズ・ダーウィンと自然選択 130/365

彼の母は、あのジョサイア・ウェッジウッドの娘である。

バロック美術 129/365

バロック美術は普通、「演劇的」「感情に訴える」「ダイナミック」「荘厳」などと形容される。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

イギリスの北アメリカ植民地 127/365

この、最初の考え方の違いのようなものが、今日のアメリカ人の、アイデンティティに残る緊張状態の根源だと言う人もいる。

使徒 126/365

この「岩」が何を指しているのか、いまだに議論がある。

バールーフ・スピノザ 125/365

これは当然、17世紀のヨーロッパで受け入れられることは難しかった。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 124/365

これ以外に、失われたものが何百もあるという。

けっきょく老人暴走自動車はどうすればいいのかわからんぞ?

なかなか、乗り越えられない壁、です。

アルバート・アインシュタイン 123/365

彼は2代目の、イスラエル大統領に推されたこともある。

ラファエロ 122/365

サン・ピエトロ大聖堂の改築時には監督になった。

『TOXIC VOL.1』、販売開始。

こちらのストアから購入していただくことが可能です。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031