自論構築過程

エレベータのボタン「開」「閉」問題がこれで解決する気がするぜ

ぼくもできる エレベーター

ハラタツ50でも言いましたし、その前にも書きました、エレベータの開閉ボタンについて。

右と左、とにかくハラタツ

やっぱり同じこと思ってる人ってけっこういるんですよね。

こういう意見も。

だけど「英語優位」にあまり期待すると、直後に「PUSH/PULLややこしすぎるだろ問題」にぶち当たりませんかね…w

 

うん、これはいい。

そうなんですよね。イメージはそれぞれ。

「閉まるボタン廃止」は確かに斬新なアイデアですけど、「ああもう、早く閉まれあほ」って思うことも少なからずありますからねえ…。

 

 

まとめられてました。

エレベーターの開閉ボタンをいつも逆に押してしまう人はアイコンがどうやらこう見えているらしい
https://togetter.com/li/1236841

 

大阪電気通信大学の総合情報学部、デジタルアート・アニメーション学科 ヴィジュアルデザインゼミのサイトで、考察されていましたよ。

デザインで問題解決ってどういうこと?(1)押し間違えてませんか?エレベーターの開閉ボタン
http://kuralab.main.jp/archives/6608

そんな中、発見した画像がありました。
今改めて探すと見つからないんですけど(なんで?)、女性が自分のオッパイを両手でつかんで「ひらく」と「とじる」の動作をしてる。
この表示法、かなりわかりやすいし、解決!だと思うんですけど、これにするともはや「エレベータのボタン問題」ではなく、完全に違う問題名がついてしまって紛糾すると思うので、やっぱりアウトですw

 

私が考えてた最善の方法を、すでに思いついている人はおられました。

エレベータのボタン問題は、「同じ大きさのボタンの中でデザインしないといけない」から起こってるんですよね。確かに、開くと閉じるを押し間違えてもそれ自体で超・大問題になるわけでもないし、まぁ間違ってもいいじゃない、というのもわかるんですが、いろんなデザインを見ていて気づいたことがありました。

 

「開(く)」と「閉(じる)」を、左右に並べてるからダメなんじゃないか、と。

オープンとクローズに、左右の概念て、無いですよね。たとえば「上手(かみて)・下手(しもて)」の概念が常にずーっと脳内に適用されていて、「重要なのは常に右」だと思ってる人にとっては、「開(く)」が右側にあるのが合理的なのかもしれません。または襖・障子に慣れてる人だと、「取手は左に」とか。「ドアノブとは本来」とか。

だけど、そんなのわからないし。
いろんなエレベータのボタン画像を検索して見ていると、「開(く)」は左側にある方が主流、のようです。

で、色がついてますよね、グリーンに。これは、「閉まる、で怪我は可能性あるけど、開く、はとりあえず押しておけば良い」という、「こっちの方が安全」的な示唆、ですよね。

そうなると、「こっちの方が優先」という序列を作るのに、左右の区別というのはとってもわかりにくいわけです。さっき言ったように「左の方が偉い」と刷り込まれてる人とかなら別ですが。

なので、それならば「大切な方、重要な方、優先されるべき方」を、象徴的に配置で示すには、「上下に置く」のが良いでしょう。

上下の差は、優劣の概念に置き換えやすい(左右、よりは)。

しかも、押しやすく、大きくする。

こうです。

 

これで、間違う人はいないですよね。

開きたいときは、「あっ、人が来た!挟まれないように押してあげなくちゃ!」っていう理由がありますから、どん、とグーで叩いてもいいんです。掌底で押してもいいでしょう。

「閉める」は、ちょっと慎重に指で押せばいいでしょう。

ええ、これで解決、では無いでしょうか。

どちらにしても「限られたコストの中」で考えなければならないのがデザインの妙、でしょうけれど、上下の配置・ボタンの大きさ、この2つを変えれば解決する!ような気がしたんですがいかがでしょう。

 

上で紹介した「オッパイで開閉を描き表した人のツイート」、知ってる人いたら教えてください。いいねしとけばよかった…。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

sento

どうして奈良は棄てられたのか

どうして、大仏を持って行かなかったのか。

ハナモゲラ和歌の誘惑の誘惑

いわば現実をいったん並列化して、自分だけをその現実から抜き出し、再度、違う場所に位置づけ直す作業。

無辺

  む‐へん【無辺】 [名・形動]広々として果てしないこと。また、そのさま。「―な(の)宇宙」「広大―」 <デジタル大辞泉> むへん【無辺】 ( 名 ・形動 ) [文] ナリ  広々と限りの …

バカにされてることに敏感なのがバカの証拠なんだよね

私は、とにかくコーヒーを飲みながら空を見てぼけーっとしたりクーラーの効いた涼しい部屋で布団を股に挟んでゴロゴロしたりする時間をじゅうぶんに確保したいので、人生の1秒も無駄にしたくないのです。

【追記あり】理詰め&BLUES +〜おいでやす〜

喋った内容の概要は、以下になります。
実際は「〜だぜ」みたいな口調ではありませんでした。

↓書いてる人

書いてる人

書いてる人↑




◾️ translate.

チケットぴあ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031