見たもの、思うこと。

第一作目の「ゴジラ」がめちゃくちゃ面白い件

ゴジラ

もっとも古い「第一作」のゴジラを見ました。

白黒です。

1954年と言うと、終戦(1945年)から、まだ10年経っていないんです。

そこに太平洋上での水爆実験が重なってきて、当時の国際情勢と、戦争の名残とがないまぜになった時代。

自衛隊ができたのが、この1954年。
あの印象的な「ゴジラのテーマ」が、実はゴジラ登場時ではなく、陸上自衛隊の戦車の出動時のBGMになっているのは、何らかを象徴しているのかもしれませんねえ。

ゴジラが暴れまわる街で、「もうすぐ、おとうちゃまのところへ行くのよ…!」と幼児を抱えて悲嘆するご婦人が出てくるんですが、これはもう、まさに、「太平洋戦争で戦死した夫」を指している。

その意味で、「娯楽大作」とはいえ、身近だった空襲や原爆や敗戦を意識しないでこの映画を観れた人は一人もいなかったわけで、日本の街を壊しているゴジラには「アメリカめ…」という思いが、込められているような気がします。

 

ゴジラを食い止める作戦は失敗。

海岸線に高さ30m幅50mの有刺鉄線を敷き、そこに5万ボルトの電流を流す作戦でゴジラを完全に屠(ほふ)る作戦です。

2016年の「シン・ゴジラ」では、しょーもない庶民の恋愛とか「家族を守るために」みたいな家庭ドラマが一切なく、死んでいく悲しみを感じさせる暇もない、という感じでしたがこの初作では、「お父さんに許しを乞おう…!」「うん💓」みたいな淡く清い恋愛もサイドストーリーとして進んでいきます。

実は「シン・ゴジラ」にも、「お父さんの許し」などを彷彿とさせる設定はあるんです。
「カヨコ」ですと矢口の関係は、おぼろげながらほのかな恋愛感情の変化を表現しているし、それは第一作へのオマージュにもなっている、んでしょう。

 

宝田明が鬼カッコイイ!!!

それにしても、「YOUは何しにニッポンへ!?」というか。
何で日本に来るの?という謎は、「水爆」というキーワードで、観る者にじゅうぶんな説得力を与えていたんですね。

自衛隊による攻撃、ゴジラが爆撃されるシーンの迫力はすごいです。
当時、これを劇場で見た観客は、度肝を抜かれたことでしょう。

背びれが光って光線を吐くゴジラ、逃げ惑う品川区民。
CGの未発達さは、「夜に襲来する怖さ」を逆に引き立たせてくれます。

いろんな人たちの研究や考察によって、ゴジラに込められた暗喩はすでに解かれていて、人口に膾炙しているわけですけど、よく考えたら「それを怪獣、っていう形でやろう」って思いついた人って、すごい発想ですよね。

これを、あんな時代に見たっていうのは、今よりも衝撃は大きいし、当時の人たちが、脳内に「ゴジラ」という単語を刻みつけたっていうインパクトは、現代では真似のしようがないですよね。

しかし昔の映画、というか演技って、「文章をそのまま」っていう感じありますw

「キミ!待ちたまえキミ!」とかw

「大いに議論しようじゃないか」とかww

 

「シン・ゴジラ」には舌がありません。

何も食わないから、のようです。
そこは、「既存の生物の埒外の論理で生きている」という理屈ですり抜けてますが。

あの巨大さだと自重を支えることは理論上できないんだそうですが、その辺はまだ、クリアにされていない時代ですもんね。
やすやすと、浮力がなくなっても歩いてくる。

いつの間にか銀座まで来ているゴジラ。
時計台を壊し、数寄屋橋方面へ。
国会議事堂を草むらのごとく抜け、渋谷のNHKヘ。
電波塔で必死で健気に中継しているNHKスタッフ!は、その電波塔そのものをかじられあえなく死亡。

上野から浅草へ進んだゴジラは、隅田川を下って再び東京湾へ向かう。

はとバス観光のようなコースで東京遊山を終えられますwww

 

「ちきしょう」

このセリフは「シン・ゴジラ」でも唯一、被害者側の悔しさの表現として扱われていました。

圧倒的な存在であるゴジラには、人間が対抗する術はなく、悔しさをにじませるしかしょうがないんですよね。

空襲を受けても、進駐軍に蹂躙されても、「ちきしょう」くらいしかにじませることができなかった日本人。
ああ、1945年までに、オキシジェンデストロイヤーがあったらなあww!!!

空自のミサイル攻撃が始まります。
とにかく、ガンガン外すんですけどw、ゴジラよりその流れ弾被害の方がデカくないか??と思わせてくれます。

東京湾に、ポチョンと沈んでいなくなるゴジラ。
野戦病院と化した施設では、放射線が検出されている事実は今ひとつ重要視されていない様子なんですが、市民が傷ついたり命を失ったりする悲惨な状況。

こういうの、「戦時中よりは全然マシ」っていう記憶があるから、リアリティとしてはどうだったんでしょうね。

そう思うと「シン・ゴジラ」には、人間ドラマというか、個人の感情で全世界の状況が変わる、みたいな虚ろで危うい設定は存在しないですね。
それが潔いなと改めて感じました。

マッドサイエンティストな芹沢博士、いや、そんなアイパッチ(丹下段平みたいなやつ)つけてるってどういうwwww

で、公的機関がほとんど機能しない(描写がない)まま、民間人たる博士や青年だけで、あの謎の巨大怪獣ゴジラを、海中で骨にしてしまう。すごい。
その後の海洋資源への影響には言及されないまま。

「あの個体だけではないはず」という博士の独白で物語は終わります。続編への伏線か。

 

今年じゅうに、みたいな感覚で、ゴジラ全作品、観ていくことにしますか…

 

え、あの女性議員、菅井きんなの!!??

あっ、Amazon見てると、「ネタバレェ!!」と言われかねない「シン・ゴジラ」関連商品がガンガン売られてるんですけどww

 

Huluに、全話ありましてね。

 

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

sizurijinja

倭文神社に立ち寄る

地元の神社への畏れ、そして朽ちた遊具への恐れ。

ex māchinā

人間が下等生物になる日。「エクス・マキナ」。

その社長が、一瞬、会話の中で検索エンジンのことについて語る場面が出て来ます。

お笑い短歌道場

お笑い短歌道場がやって来た!!

あの中に我々と同じ機能の内臓がぜんぶおさまってるとは到底思えないんですよね…でもあんまりジロジロ見るのは、禁止ですw

db

来た見た買った「DAVID BOWIE is」(3回目)

そして、それは実現した。ボウイにしかできないボウイ越え。

ジョジョ展2017その4【ジョジョフェスカフェ編】

そう、おれは「お前はパンを食う」パンを食う。




◾️ translate.

◾️  profile.

チケットぴあ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30