見たもの、思うこと。

「最後通牒ゲーム」に納得できるかどうかが人生の分かれ目!?

最後通牒ゲーム』とはどのようなものなのかを、簡単に説明します。

cds

このルールは絶対で、変更できません。

まずこの前提を忘れないように心に刻んでください。
でないと、楽しみもジレンマも、堪能できません。

●10000円を2人で分け合います。
●2人は別々の部屋にいて、情報交換は出来ないし、相手が誰かもわかりません。
●2人のうち、一方が「提案者」となり、他方は「回答者」となります。
●どちらが「提案者」になるかは、コイン投げをして決めておきます。

●「提案者」はこの10000円をどう分けるか、つまり相手と自分の取り分をいくらにするかを『1回だけ』提案することが出来ます。
提案する金額は1円単位で調整可能としておきます。

●反対に「回答者」はその提案に対して「YES」か「NO」を答えます。
もちろん「回答者」も、このルールと金額(10000円である事)は知っています。
●回答が「YES」ならその時点で取引は成立し、「提案者」の提案通りの金額をそのまま双方が受け取ることが出来ます。
しかし回答が「NO」なら、10000円は没収されてしまい、2人とも何も得られません。

ゲームは一回限りで、やり直しが出来ません。

 

この場合、あなたが「提案者」ならどう提案しますか?

既存の経済学上での答えは…

「提案者は、相手の取り分を1円にして、自分は9999円を取りに行くべきである。」

そんなことが、「提案者」であるあなたにできるでしょうか。

やるべきなのだそうですww

なぜならば、お互いが“金銭的利益の最大化”、つまりお互い一番儲かる状態を目指すわけですから、「提案者」であるあなたは、相手に拒否されない限り、なるべく多く自分が儲かる金額を提案した方が良いわけです。

「一番儲かる」を目指す限り、9999円が儲けの最大値ですから。

「このくらいでどう?」と金額を提示できる権利は「提案者」であるあなたにしかなく「回答者」にはないんです。

その気になれば「相手が1円」という提案は、不可能ではないわけですよね。

 

いやしかし…とためらうのは当然です。

「なんでそんな差があるんだコノヤロウ」という反応が当然予想されるからです。
しかし、ここがいっちばん重要なんですが、“金銭的利益の最大化”、つまり一番儲かる状態を目指すという観点からすれば、「回答者」は、拒否は絶対にしないほうが良いわけです。

 

なぜならば、ルールをしっかり思い出してください。

拒否すれば1円ももらえない!

 

それを考えれば、提案者の金額がたとえ1円でも100円でも、「もらえないよりはマシ」という理由で、提案を受け入れるべきなのです。

納得いきましたか?
いきませんねwww

 

やっぱり

「なんでそんな割合なんだよコノヤロウ」が心にのしかかります。

自分が「回答者」であったなら、「1円だったら要らねえ!」と拒否する可能性も高いですよね。「バカにすんなっ!」とね。
その時点で、0円です。拒否すればただちに0円です。

相手(提案者)が9999円も取得している一方で、自分が1円などというのは許せません。
許せない?納得がいかない?

 

そう、これはもう、「感情の問題」なのですね。

自分の利益そのものではなく、「相手が(不当に)利益を得ることは許せない」という、本当は自分とは関係ない部分での感情が、経済活動(本当は1円でもプラスになった方が得なのに)を邪魔しているというおもしろい例なんだそうです。

 

それが「最後通牒ゲーム」。

実際の、現実の交渉ごとや取引では、「回答者(見積もりをもらう側?)」がルールじたい(全体の、真実の金額)を知らないことが普通ですから、「提案者」は、冷静な、相手の感情をコントロールする事が重要になってくるわけですね。

感情が邪魔する、という意味でよく似た例があります。

よく、パチンコ屋に通う人がこう言っているのを聞いたことありませんか?

「オレがその台を打ち終わったら、次に座ったオッサンが大当たりを連発していた」。
悔しがっている姿を見た事がある人も多いでしょう。
この人に、「それは君とはなんら関係がないことじゃないか」と言っても納得してもらえません。納得できませんか?あなたもパチンコ中毒ですか?

本人が遊戯している間しか、その台と本人には関連性はありません。打つのを止めてしまえば、パチンコ台は「その人が座る前の状態」と同じです。

ましてや次に座ったオッサンの利益が、止めた本人の損失とつながっている事などありえません。

これも「相手が(不当に)利益を得ることは許せない」という理解の仕方で、本来なら完全に誤っています。

しかし、それを一瞬、「じゃあ止めなければその利益も君のモノだったのにね」と同情できるのも、冷静な判断力を失った、「感情」なのではないでしょうか。

 

 

「最後通牒ゲーム」、友人やお仲間に一度、説明して挑戦してみてください。
あなた(提案者)の「9999円 : 1円」を一発で受け入れる人がいたら、尊敬して一生付き合うべきでしょう。

 

「冷酷」の烙印を押すのを一旦、保留にしながらね…www

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第49回

鉄血のオルフェンズ第49回「マクギリス・ファリド」

ヘルメット被ってなかったら即死でしたねww?

【ガキ使】アメリカンポリスは差別でパワハラでイジメだったぜ!

このタイキックを受けたら彼女は、今後、あの「ゲス不倫騒動」を「このタイキック込み」で語れるんです。笑いを取りながら、話せるんです。それが、今後の彼女の活動に、どれだけの福音となるか。

DavidBowie大回顧展

言われなくてもデヴィッド・ボウイ大回顧展には行け(1ヶ月ぶり2回目)

当たり前の幸運じゃないな、と。

ジョジョ展2017その7【原画展編】

漫画の内容は犯罪の、血なまぐさい話だったりしますが、なぜかそれが、うまく浄化というか昇華というか、楽しみの結晶になっていて、まるで美しい絵画展を見に来ているような、アートな気分にさせてくれます。

渋谷2016

ほんと、いつ終わるんだと。




◾️ translate.

◾️  profile.

ブログランキング・にほんブログ村へ

チケットぴあ

blogramのブログランキング
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728