自論構築過程

Yahoo!が本をくれるという関係性

 

正直言うと惰性だったりもするけどw、「Yahoo!プレミアム」に入り続けてます。

ヤフーオークションは初期から知ってますが、今思うとあの時代(20年前)、なかなかのカオスだったなぁ…ww

 

しかし最近、今まで知らなかった、

無料で映画見れたりとか、
無料で漫画読めたりとか、

びっくりするくらいいろいろなサービスがあることを発見。

そういえばメールが月に1回くらい来てて、スルーしてしまってたんですが、Yahoo!がブックオフと提携してからは「ヤフオフ!」てなもんで、プレミアムのサービスの一環として

 

「ブックオフの108円の本、3冊あげます」

っていうのをやってるんです。

とうぜん、「Yahoo!プレミアム」には住所を登録してますから、そこからはじき出して、近所のブックオフ4店舗を指定してくれます。

ああ、あそこ!近い!てなもんです。

 

Yahoo!プレミアム、会費500円/月。

108円の本三冊、324円。

もう、元取った以上の異常な価値があります。

今回はこの3冊。

IMG_1440

 

「108円」とはいえ、これはブックオフでの価格でしか無い。

Amazonで買えば中古本は¥1だったりしますけど、送料¥250かかりますから。
ブックオフでは「単C」という分類名になります。

単純に、在庫が増えると、自動的に「単C」の棚へ行くことに。
そのへんは明快なシステムですね。

しかし考えてみると。

たった108円が3冊!?たった324円?

 

 

と思うなかれ。

忘れてはいけません、新書は、もとは800円近い(あるいはそれ以上である)ということを。

本の価値は、値段とは必ずしも比例しません。

真の価値はその中身、
真の価値は読んだ後の、
真の価値は読者のそれからの生き方にこそある、

と思っています。

 

月に3冊ていどの本を読まずして、

「ああ、なんか楽しいこと、ないかなぁ」

じゃないんです。ほんと。

今現在、

「なにも楽しいことがない」

のは、たぶん、

自分のアンテナの感度が鈍いんです。

 

それか、

アンテナはあるけど、錆びて途中で折れてる。

別に読みたい本じゃ無いし、内容も難しくてややこしくて無知すぎて最後まで読めるかどうかわからないけど、

レアアースの本とか選んじゃって…ww
(↑かなり面白かったw)

 

まぁ、ひょっとしたら、
自分でもわからないような、
なんらかのドアが、
なんらかの拍子に
ぱかっっと開くかも知れないじゃないですか。

それに賭けるのです。

 

自動的にTポイントが5倍になる、とか。知識も自動的に5倍にはならんのかー、とか。

いろいろ思いながら、月イチのブックオフへ行くのです。

 

※2017年から、3冊くれるのは無くなったみたいです。1冊に変更orz

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

死ぬ寸前まで、ボキャ力が欲しいぜ

「言えないから思えない」のです。

地蔵院川

新しい方がいいに決まってる!?

「現代は便利になったが、そのぶん大切なものを失っている」は、一面は真理だと思います。

君の名は

「君の名は。」を観てきた俺の名を言ってみろ!!

今は、忘れているだけ。
どこかに記憶はあるけれど、今は、しまってあるだけ。

夏川りみ

「わかりみ」。

いったん自分の理解度とは離れて、客体的な事実としての指標を、少し離れた時点から眺めたような視点が含まれています。

それでもウナギを食べよう!!

で再度言いますが、「ウナギ関係者に死ねというのか?」という文言は、通りません、なぜなら「ウナギが絶滅したらどっちにしてもお前らは死ぬ」からです。




◾️ translate.

◾️  profile.

チケットぴあ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031