stand the world

徳田神也のblog。理詰め&BLUES。

おんな城主 直虎第二十八回「死の帳面」

   

 

今回の「死の帳面」。一瞬わかりにくいですが、これのことですよね。

 

今回は巻き戻して…という感じで、寿桂尼様(バケモノババア)が中心のお話。
三歩進んで二歩下がる、よろしいのではないでしょうか。

武田信玄(松平健)と寿桂尼(浅丘ルリ子)の、ベテランによる、迫力ある練られた時間。

瀬戸法久が気賀の城代に。
カシラ(龍雲丸・柳楽優弥)にいちいちトキメク直虎(柴崎コウ)。
この感じ、いつまで続くんですかねww

ウツケっぷりをいかんなく発揮する氏真(尾上松也)、その今川は上杉と結び、武田を牽制しつつ北条と固く結ぼうとする。けっきょく氏真はのちに、北条に匿われるんですよね。あの「大今川」は、実は義元(春風亭昇太)がすごすぎて、さらに時代の荒波がすごすぎて、氏真じゃなくても早晩、滅んでいたのだろうと思われます。

そう考えると、戦国の大ポイントはやはり桶狭間か…。

この大河ドラマの後半は、すべて徳川サイドの出来事になっていくでしょうから、今回のような今川家のことを観れるのは、もう無いのかも知れません。

寿桂尼の死は永禄十一年(1568年)。
1568年は、いよいよ織田信長が上洛、足利将軍を傀儡とし始める年です。
そういえば今が室町時代だという描写って、無いですよね…。

今川の凋落はまさに戦国の象徴。

あっ、また直虎と鶴、ご初代様の井戸で二人っきりで話してましたね。

世間ではそれを、逢い引きって言いませんか??

寿桂尼に直親(三浦春馬)のことを思い出さされ、凄まじい理解力で気丈に想起する直虎。その割にデスノートに載せられ、裏切り者扱いされて今川に狙われる直虎。

それにしても、まだ家康(阿部サダヲ)がちょっとだけバカ殿扱いされているのはなぜなんですかね…
阿部サダヲさんだからとてつもなくわかりにくいですが、もうこの時点で、26歳くらいですからね。

いや、これは後半へのギャップ作り。
家康なくして井伊の再興はありえないので、「あのぼんくらが…」というギャップを作るための、演出だと思われます。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

楽天モバイル

 - おんな城主 直虎 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,