自論構築過程

大器晩成って、何?

 

大器晩成、って、たまに聞く言葉です。

「俺って、大器晩成だからなぁ〜」とか自分で言う人はあまりいないと思いますが(いや、いるかも)、「彼は、大器晩成型ですから」というような言い方で、使われているような気がします。

「大器」が大きな器、つまり「大物」「傑物」「成功者」だという意味だとしたら、「晩成」は「晩婚」と同じく、「人生の、割と遅い段階で花が咲く」という意味なのでしょう。

「今は大したことないけど、将来、成功して、すごい人物になる」ことを意味するんですね。

 

いや、わかるんです、わかるんですけど、それって「型」として分類できるようなことなんでしょうか。「大器晩成型」?

「型」だとしたら、人間が人物として成って行くパターンには、

「大器晩成型」
「小器晩成型」
「大器早成型」
「小器早成型」

があって、一番すごいのは「大器早成型」、ということになりますよね。
イチロー選手とか、プロ野球などのスポーツのすごい人って、かなり早い段階(ヒトケタ歳の頃から)でもうすごい。

もちろん、普段の努力と強運もあるんでしょうけど、あ、将棋の藤井四段、もそうですよね。ほんと驚きです。天才。14歳!!!???114歳じゃなくて!!!?

で、我々のような凡人は、たいてい「小器晩成型」か「小器早成型」。
というか「小器」に、早いも遅いもないか。

冷静に考えてみると「大器晩成型」は、単なる「結果先送りの慰め言葉」とも言えなくないですね。

でも、血脈とか家柄とか遺産とか、そういう「出自など、自分個人以外の要素による高い地位への鎮座」がかなり難しい時代、例えば「項羽と劉邦」の劉邦(高祖・漢帝国初代皇帝)なんかが、「大器晩成」の代表格、と言えるかもしれません。

まぁ、後出しといえば後出しの評価なんですけども。
あいつは、俺が育てた、的なw

陳勝

これは解釈、なんですけども。

「大器晩成」と言ってしまうと、人間を類型するための言葉に聞こえてしまところを、わざと勝手に読み下して。

「大器は、晩成す」と読んでみると、

「あのね、“大器”っていうのは、“晩成”するものなの。だから、早い段階で、その人を決めつけちゃいけないよ。そしてね、年取ってからが、その人の価値を決定する要素なの。」

という意味にも、取れなくはない。

 

ここまで考えてみて、「大器晩成」がどこから出た言葉なのか、少しだけ見てみましょう。

 

明道若昧。
進道若退。

夷道若纇。
上徳若谷。

大白若辱。
廣徳若不足。

建徳若偸。
質眞若渝。

大方無隅。
大器晩成。
大音希聲。
大象無形。

『老子』四一章

読み下し文としては、こんな感じだそうです。

明るい道は暗きがごとし。
道を進んでいるようで退いている。
高い徳は谷のように深く。
大いに白いものは辱(よご)れているように見え、
広い徳は、足りていないように見え、
剛健な徳は、愉しんでいるように(怠けているように)見え
質実は渝(うつろ、からっぽ)のように見える。

大きな四角には隅がない。
大きな器は晩成する。
大きな音は、その音が聴こえない。
大きなカタチは姿が見えない。

 

ここで「晩成」の意味は…、ということになります。
我々が知っている、「大きな才能は、完成するまでに時間がかかるんだよ」という意味とは、少し違っているように、感じます。

 

「大きすぎる器は、それゆえに、完成しているように見えない」

 

この「晩」、「実は「免」なんじゃないかという説があるようなのです。

「預言者」と「予言者」が微妙に違うように(一緒だ、という説も)、

 

晩成の「晩」が、「人生の晩年」の「晩」ではなく、「免れる」「免じる」の「免」だとすると、

 

大きな器というのは大きすぎるが故に、縁が見えず、完成しているようには見えないものだ。

 

という意味に取れます。
人生の後半ですごい奴は完成する、みたいな意味じゃ、ないんですね。

 

デカすぎる器の人間の、まさに「器量」は、小物には見えない、という。
同じような言葉、どこかで聞いたことあります。

そう、

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

えんじゃくいずくんぞ、こうこくのこころざしをしらんや。

『史記』?陳勝?

 

意味は、調べてくださいw

なんだかちょっと、いい感じに聞こえるけれど、いや、ちょっとひっかかるなあ、と思う言葉って、たまにあるんです。

なぜひっかかるかというと、「それを言う側のお前の、格をあげるために、言ってるな??」という、計算・打算が見えた時です。

 

「大器晩成型」はまさにそれ。

 

あまり考えても意味がないかもしれませんが。
善い加減でいきましょう。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超合金の男-村上克司伝-

ここに、すべてがありました。

ホトトギス

負の伝言ゲームは、自分でストップさせろ!

この「Dさん」が、私ですww

すぐに学習するんだからそんなの無駄じゃないの?

毎日毎日「えーっと、この時計は10分進んでるからぁ…」と、頭の中で10分補正しながら時計を見てるってこと、ですよね??

右と左、とにかくハラタツ

でも字ヅラの、この圧倒的な違い。丸みに足の生えた有機的な「R」、人の情の入り込む余地を与えない、攻殻機動隊のタチコマのような機械感すら醸し出す「L」、この差異は、間違いや煩わしさが発生するスキマがない。子孫を絶対に間違わせない、迷わせない、という、失敗から学んだ先人たちの決意のようなものを感じます。

思考の「辻」を曲がれ。

「思考」にも、実は癖があります。

↓書いてる人

書いてる人

書いてる人↑




◾️ translate.

チケットぴあ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031