おんな城主 直虎

井戸を見に行く。

おとわ(柴崎コウ)、鶴(高橋一生)、亀(三浦春馬)が、ことあるごとに集まっては、意志の確認や変遷の節目を過ごして来た、象徴的な場所。

三人

それが「御初代様の井戸(ごしょだいさまのいど)」。

井伊家の初代、共保(ともやす)が、この井戸の側で拾われたという伝説があり、この井戸はその後、大切に保存されてきたようです。

井伊家の男子は皆ハンサム。
これ、もうかなり有名な史実と化しているんですね。
とうぜん、三浦春馬さん演じる井伊直親も。
その落胤である直政(寺田心・菅田将暉)もかなりの男前で、それが、家康の覚えめでたき存在になっていくきっかけになったとか。

しかし初代・共保(ともやす)も徳川四天王たる直政も、見た目の良さだけでなくその才能がずば抜けていたようです。ただ男前なだけでは、「赤鬼」の称号は得られない、といったところでしょうか。

 

 

あれはまだ春。

こういう冊子が郵便受けに(勝手に)、入れられてまして。

ぱど

 

「ぱど」ですね。
これ、求人でも見たことあります。
ぱどを配布しませんか?主婦でもかんたん、月に○時間だけ!みたいなやつ。
たまに、季節ごとに、地域に配布されるんですね。

 

私の場合、たまたま大河ドラマ「おんな城主 直虎」を観てますからいいですけど、あまり興味のない人にはまったく「HAMA羅」ないだろうなぁ、なんて思います。

で、中はかなり充実した特集が組まれているんですが、その中に、こんなくだりがありました。

 

説明

 

全国で2番目に
広い市である
浜松市は
魅力が盛りだくさん。

しかも、東京から
新幹線で90分。
意外と近いんです。

確かに。

東名高速だと、まず必ず寄りたくなるサービスエリアもあります(「浜名湖」。新東名なら「NEOPASA浜松」ですね)。

時速260km以上で走る新幹線で90分かかる場所を「近い」とは普通言わないと思います。言うなれば「早い」じゃないですかw

 

 

あれは史実通りなのか。

あの井戸って、本当にあるんでしょうか。

衝動的に、行って参りました。

ここです。

地図をキャプチャしたのがこれです。

キャプチャ

おとわ(次郎法師)が出家して南渓和尚(小林薫)がいつも猫ちんを抱いてるお寺、「龍潭寺(りょうたんじ)」も近い。てっきり、龍潭寺の境内の裏山にあるのかと勝手に思ってましたが…。

ドラマではあの井戸、ちょっとした林の中にある感じになっていましたね。
あんまり祀られてもいない感じ。お神酒(おみき)を持って何度となくおとわが訪れています。いや、昔はこのあたりも、すべて境内だったってことなのか…。

今は、御初代様の井戸は、田んぼの真ん中にありました。
よく、埋めてしまわなかったな、というようなところに。

運よく、なかなかに神々しい写真を撮ることができましたw

井戸

 

↑の参道を進んで囲いの中に入ると、左に井戸、右に碑があります。

衝動的に行ったので、なかなかの午前中。
まだ、観光客が押し寄せる、少し前の時間でした。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-おんな城主 直虎
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

気賀を我が手に

おんな城主 直虎第二十七回「気賀を我が手に」

と思ったら、龍雲丸にはモデルがいるそうです。

おんな城主 直虎第二十九回「女たちの挽歌」

おんな城主 直虎第二十九回「女たちの挽歌」

「挽歌」というのは、「挽く時の歌」。死者を葬る際、棺(ひつぎ)を担ぐ人が、葬送のために歌う歌、のことを指すそうです。

おんな城主 直虎第三十回「潰されざる者」

おんな城主 直虎第三十回「潰されざる者」

そういうの、逢い引きって言いませんかね!?

おんな城主 直虎第四十五回「魔王のいけにえ」

おんな城主 直虎第四十五回「魔王のいけにえ」

阿部サダヲさんの快演で、幼少期から「のんびりして快活な殿」イメージを定着させて来ましたが、実際は意外にも「ケチで臆病で陰湿なおっさん」だったんですかねえ。

おんな城主 直虎第三十四回「隠し砦の龍雲丸」

おんな城主 直虎第三十四回「隠し砦の龍雲丸」

白黒を
つけむと君を
ひとり待つ
あまつたう日ぞ
楽しからずや

↓書いてる人

書いてる人

書いてる人↑




◾️ translate.

チケットぴあ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031