stand the world

徳田神也のblog。理詰め&BLUES。

おんな城主 直虎第十七回「消された種子島」

   

井伊直虎が寺田心化してます。ここから、菅田将暉化するまでにはもうしばらくかかりますね。

今回のキーは「種子島」。
言わずと知れた「鉄砲」ですね。
これの登場によって、戦国の戦法、および勢力地図は、大きく変わることになる。

これをどう扱うか、どう考えるかが、各地の領主にとっては先を読む力と直結した。
言うまでもなく、織田信長は「これすごいやんけ」と飛びつき、生産を開始する。

同じように、目にした大名や領主たちは「鋳物師!やれ!」と号令をかける。
いや、「輸入しよう!」ではなく「同じものを作るのじゃ!」という発想で、ほんとにすごい量の銃を作ってしまうというのは、よく日本人の器用さとして引き合いに出される例ですよね。

数年後、ヨーロッパ全土にある銃すべてより、日本にあった銃の数の方が多かった、と言うのを聞いたことがあります。

織田信長の長篠の戦いにおける武田騎馬隊の撃滅、いわゆる「三段撃ち(三列を交互に撃たせて弾詰めの時間を稼いだ)」は史実に反するとも言われていますけど、そういうロマンを持った未来の兵器だったことは間違いがない。

こんなに流行り、こんなに武将を虜(トリコ)にし、こんなに国の勢力地図を塗り替える事が可能になる兵器が、「種子島に、偶然やって来た」なんて事が、あるわけないと思うんです。

売れに売れる事が分かっている、当時としては稀なものです。しかも暴利で売れる。
1543年に伝来、という事で「以後、予算かかるよ種子島」と覚えたゴロ合わせ。

 

絶対に、「売りにきた」んだと思います。

いきなり本土だと検閲が厳しく、その場で交渉もできないので、そういう「島」に上陸を許された。最先端の兵器が、技術が、「偶然」たどり着いた島。

今そして同じ島が、ロケットを打ち上げる場所になっているというのはほんとにただの「偶然」なんでしょうか。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

楽天モバイル

 - おんな城主 直虎 , , , , , , , , , , , , , , , , ,