stand the world

徳田神也のblog。理詰め&BLUES。

ありそうでない夜。「ミッドナイト・イン・パリ」。

   

 

いやぁいい映画でした。だいたい、なんの予備知識も先入観もなく観るので、あれ?みたことある俳優、女優だなぁと思っててぜんぜん思い出せず、あとで調べるとああ!あれに出てた!出てた!と思うことしきりです。

今回の『ミッドナイト・イン・パリ』の、主人公の恋人イネスを演じていた女優さん。最近どこかで見た…なぁ…と思ってたんですが。

レイチェル・マクアダムス!!

ドクター・ストレンジを観てすごく思ったことを言います

『ドクター・ストレンジ』に出てましたね。恋人役で。

いやこの映画、フランスの人が見たら、「まぁ、ねえ」みたいな感じなのかもしれないですけどw、こういうファンタジーが普通に感じられてしまうというのは、パリ自体の魅力の一つなんでしょうね。
これ、1920年代にふわっと「夜だけ」行ってしまうというフィクションでありながら「いや、あり得るんちゃう…?」とすら思わせてしまうのは、やはりオーウェン・ウィルソンの、あまりにも自然な演技のせいでしょう。

 

凄まじく芸術の都だったパリ。

いきなりコール・ポーター。

F・スコット・フィッツジェラルド。

ジャン・コクトー。

ヘミングウェイ。

ガートルード・スタイン。

ダリ。

ピカソ。

そして、マリオン・コティヤール(アドリアナ)とさらに19世紀まで旅してしまう主人公ギル。
そこではロートレックだのドガだのゴーギャンがいる。
こういう歴史に名を残す芸術家がどんどん出てくるんですけど、主人公の妄想、っていう感じがぜんぜんしない、ほんとに不思議な映画です。

でもけっきょくギルは、こういう歴史的・芸術的探検を終えて、それを含めて現実的なパリに魅了され、残ることにする。
芸術を愛する人、パリを愛する人、そして現実を愛する人にも、共感できるエンディングになっています。

真夜中の夢、という意味では感傷的で夢想的なんですけど、なんか「今でも普通にあってもいい夢」というか、「そういうのって、ありそう」と素直に思えてしまいました。

これ、例えば「真夜中の東京」という映画だったら、と思ったけど芸術史なんてぜんぜん知らないけど、大正時代ですよね。江戸川乱歩!?そうか、でも『ミッドナイト・イン・パリ』は、「アメリカからフランスにやってきた」っていうところがミソなんですよね。「アメリカ人が日本にやってきた」だと、ちょっとオリエンタルすぎるというか、「何があってもおかしくない感」が強すぎるというか。すでに西→東の旅で、1個トリップしてますからね(旅行という意味以外に)。

だから例えばもう、現代の日本の田舎とか、路地裏に迷い込んだらもう『ミッドナイト・イン・トーキョー』は成り立ってしまう。

なんとなく、アメリカ人が持つヨーロッパへの畏敬とか、裏返った憧憬、みたいなものが下地になっているってことなんですかね。

 

オーウェン・ウィルソンはこの後、2015年には『クーデター』において東南アジアとおぼしくある国で政変に巻き込まれますw

 

しつこいようですが、Amazonプライムには入っておいた方がいいですよw

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

u-mobile

 - 見たもの、思うこと。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,