stand the world

徳田神也のblog。理詰め&BLUES。

鉄血のオルフェンズ第43回「たどりついた真意」

      2017/03/06

 

今回、一気に進みましたね。

サイドストーリー的な部分ではなく、本道の、もろに世界が動くスッキリした回に感じました。でもそれだけに、説明的なセリフに終始するという部分もありました。というかもう鉄華団が「火星の王」になるっていうことの方が、サイドストーリーになりつつある。真剣に見ている人らが思わず漏らしているように、「あれ?これ鉄華団いらなくね?」という感じになってきましたねw

しかしこの世界観って、本編の放送だけ見て理解してる人って何割くらいいるんでしょう…。

ついにあの、300年前の厄祭戦を終わらせたという悪魔の機体、ガンダムフレームたる「バエル」を動かす時が…ってすごい、メンテナンス完璧で保管されてるんですね!!!!!!!

それにいちばん驚いたわwもう電源も入ってて「STAND BY」状態で置いてるとなると、なかなかの待機電力を消費すると思うんですが、あの「水に膝まで浸かってる」というのが、何かその役割を果たしているのでしょうか。
私なら絶対「寝かせて保管」しますけどね。なんらかの意図のある、保管方法だったんでしょう。そしてマクギリスは、それを知っていたと。

 

やはりガンダムの登場人物は、あれくらいトラウマたっぷりじゃないとね。

よく幼少期のあの凄まじい体験を経て、あそこまで流麗な男性に成長しましたね。おっさんにケツを掘られ辛い経験をした過去などは、もはや周囲を皆殺しにしない限り「みんな知ってる」レベルのことだと思うんですが、それも、(周りは言わないけど)強い権力志向のバネ(怨恨)になっているんですね。アレ知ってるやつは殺す、的なw

マクギリスは神の機体、ガンダム・バエルを覚醒させ、ギャラルホルンを掌握。そうなると、地球をはじめ治安維持部隊の全てを手にすることになり、もう敵はいなくなる、ということになります。

では「マクギリス側」で働いてきた鉄華団、三日月・オーガスのガンダムバルバトスルプスレクスが、マクギリスと戦うという局面は来ないのでしょうか。

 

それがクライマックスに。

最終決戦はどう考えてもマクギリス対ミカ(三日月)なので、このあとどういうねじれ方(モメ方)になっていくのかが楽しみです。

そこには、クーデターが起こってもいまだ宇宙空間に浮かんで鎮圧しに行かない「月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド」が要となって作用してくる気がします。
なんだか「うああああ!」とか言いつつ戦死しそうだなぁとか最初は思っていた司令官、ラスタル・エリオンが、ものすごく深謀遠慮な人に見えてきました。さすがセブンスターズながら、宇宙空間の司令官に身を躱(かわ)している知恵者。

そしてヴィダールが正体を明かし、というかみんなわかってたので「今さら」感はあるもののw、バルバトスルプスレクス、バエル、ヴィダール、この3機のガンダムの三つ巴決戦が、最後の戦いということになるのでしょうか。

いや、死ぬのはヴィダール(+アイン)、のみ、みたいな感じもしますけど。

「バエル」というのは、悪魔の王の名前です。もう、醜悪をそのまま具現したような姿で描かれた。元はどこかの神なのですが、「キリスト教的な観点」から見ると、「異教の神は悪魔」ですからね。

コラン・ド・プランシーの「地獄の辞典」によると、こんな感じ。

バエル※Wikipediaより

 

実はこの「鉄血のオルフェンズ」は、そういうテーマを含んでいるということでしょう。「異教の神は悪魔」。正義は、どの立場からでも成立する。こちらからは悪魔でも、向こうにとっては神。そういう意味を、モビルスーツに冠して表現している。

だから、マクギリス、ヴィダール、三日月も、それぞれの正義を盾に、戦うことになる。

 

鉄血のオルフェンズ、過去の放送は、Amazonプライムで全部観れるのであります。
Amazonプライムで観ましたよ。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

楽天モバイル

 - 見たもの、思うこと。 , , , , , , , , , , , , , , ,