薄毛への構え

シャンプーの成分をちょっとだけ知ってやれ

 

シャンプーは、「シャンプー」「薬用シャンプー」に分けられます。

「分かる」という言葉は「分ける」という言葉から分かれてできたと言われていますから、まずは「分ける」ことを「分かる」というのは大切なことですね。

いわゆる「シャンプー(薬用じゃない方)には、全成分の表示義務が課せられています。
昔はそうじゃなかったらしいんですが、「入ってるモノは全部書け」となったんですね。

お菓子を始め、食品と同じように「分量の多い順に書け」ということになっています。
ちょっとくらい順番を入れ違えて書かれてもわからないんですが、とにかく、先頭に書いてあるものが一番多い。

 

家にあるシャンプーのボトルを見てみてください。

もうカタカナが小さすぎて死にそうでしょう。

というか、どこまでが一つの成分かわからないくらいに長かったり。
わざとわからなくしてるな?という感じすらしますが、一時期密かにシャンプー博士と化していた私です。

かなり忘れたので再度、ここに記しておこうと思います。

私どものシャンプーに入っている成分が、どのようなものかを。

最近異様に売れていて(楽天でも1位)、私もそこそこ使っていてそれなりに悪い評価はしておりませぬ「BOTANISTボタニカルシャンプー」を例に挙げてみましょう。

ボタニスト ボタニカルシャンプー スムース 490mL

全成分は、以下の通り。


グリセリン
コカミドプロピルベタイン
ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルメチルアラニンNa
ラウラミドプロピルベタイン
ラウロイルサルコシンNa
ラウレス-4カルボン酸Na
ココイルグルタミン酸Na
デシルグルコシド
グリチルリチン酸2K
サトウキビエキス
セラミド2
PEG-30フィトステロール
加水分解ヒアルロン酸
加水分解コラーゲン
コカミドMEA
リンゴ酸
ポリクオタニウム-10
エタノール
BG
DPG
セテアレス-60ミリスチルグリコール
PPG-4セテス-20
EDTA-2Na
メチルイソチアゾリノン
メチルクロロイソチアゾリノン
香料

水から始まり香りで終わるという、なんかスピリチュアルなムードすら漂う全成分表示、途中はまるで呪文。

シャンプーとしての役割、というか入っている成分の「目的」は、主に4つに分けられます。

1、「洗う」
2、「泡立つ」
3、「香り」
4、「髪(頭皮)にいい」

どれが抜けても、なんだかダメっぽいですよねw

高いシャンプーで、全然泡立たないのがありますが、洗った気がしませんw
あの「豊かな、クリーミーな泡立ち」は、それ用の何かが入っているから、為せるワザなのです。

1234、どれが欠けても物足りない。

 

では、順番に、すべて見ていきます。

まずは、「水」。はい次。

次は、「グリセリン」

これは、保湿剤・潤滑剤として入れられてるっぽい。
水の次に潤滑、手触りとか、流れやすさとか、を重視してるんでしょうかね。

次。
「コカミドプロピルベタイン」。
これはいわゆる界面活性剤
界面活性剤は、洗浄のために配合されます。
水と油とか、混じり合わないものを、混じり合わせる働きをするんですね。
天然と合成があります。
なんでも「界面活性剤が悪い!」というのも、まあ考えものですね。

 

さてここで、あなたの家にあるシャンプーを思い出してください。

「ラウリル硫酸Na(ナトリウム)」って書いてませんか。
界面活性剤の一つであるこれ、よ〜くシャンプーに入ってます。

とにかく、洗浄力が強いから。
強すぎるから。
刺激に負けて、皮膚がボロボロになってしまう人もいます。
「シャンプーが合わない」っていう人は、これが原因でしょう。

似た名前に、「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」があります。
これも、同じようなもの。「ラウリル」よりマシ、っていうもの。

これからは、シャンプーを選ぶとき、「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」が入っていないものを選ぶと、頭皮に優しいです。
言い方を変えると、「安いシャンプーには必ず入っているのがこれ」なのです。

洗浄力が強いということは、少量で汚れを落とせるということ。
ということは、製造コストが安く済むということ、ですから。

 

あの有名なシャンプーの全成分を、ここに書いてみます。

というか「BOTANISTボタニカルシャンプー」の全成分を調べて解説していくのは面倒になったのでw、そうします。

以下に挙げるシャンプーが(水を除いて筆頭がラウレス硫酸Na)がなんのシャンプーか、想像してみてください。


ラウレス硫酸Na
ココイルメチルタウリンタウリンNa
ココアンホ酢酸Na
コカミドプロピルベタイン
ジステアリン酸グリコール
DPG
コカミドMEA
ソルビトール
塩化Na
ヒドロキシエチルウレア、
ポリクオタニウム-7
トウツバキ種子油
ポリクオタニウム-61
ジメチコン
クエン酸
ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、
(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー
EDTA-2Na
ラウロイルメチルタウリンNa
ココイルグルタミン酸K
グリセリン
BG
ココイルアルギニンエチルPCA
フェノキシエタノール
安息香酸Na
香料
黄4

ひえ〜〜〜

最後の方は着色料ですね。
確か「BOTANISTボタニカルシャンプー」には表示、なかったぞ。

あの「グリセリン」ですらあんなに後ろの方ですか…。
なかなか恐ろしいですね。
さすが、「あでやかな色香漂う」と謳い、「動くたびに美しさが際立つツヤ髪へと」導いてくれる有名シャンプーです。

↑赤字で検索しないようにwww

 

とは、言え。

シャンプー・コンディショナーの全成分表示は、誰でも、ある程度まで検索して調べられるようになったという点で、素晴らしいですね。

入っている成分も、全面的に悪いというわけではありません。
「これを入れるけど、その効果を和らげるためにこれを入れてある」など、かなり工夫してあります。
それでコストダウンを図っている面もあるので、一概に悪とは言えないことを、申し添えておきます。

自分にあったシャンプーと巡り合うのは、頭髪にとって死活問題。
もう死んでいる人は良いとしてw、できるだけ低刺激、頭皮を守りたいではありませんか。

それにしたって、「いいシャンプーは高い」のです。
これはなぜか。
「大量に作れない」からですね。

上に挙げたような、巨大企業がスケールメリットを活かして、大量生産・大量広告・大量受注するタイプのシャンプーは、値段も下げられるわけです、数売れますから。

でも、「有効成分てんこ盛り」みたいなシャンプーは、需要が少ないから、数は売れない。
テレビ広告が打てるような資金もない。
だから、開発費がそのまま商品価格にはねかえってくる。

 

ここからの問題は、個人個人の哲学に関わってきますww

高いけど、いいシャンプーを使うか。
安くて、そこそこのシャンプーを探すか。

どうせ禿げた時、後悔するのはどちらなのか。

シャンプーの成分

 

さて、どうしましょう。

ドラッグストアや、まして100均で売ってるシャンプーを使ってラウリルラウリル言ってる人が、「ああ、最近頭皮が…」なんて言っても、私は同情はしません。

でも例えば

ハゲてからでは何を言っても遅いので、いま何を言われても構わないの構え。

で書いたようなことを実践した延長でハゲれば、「遺伝である」と腹式呼吸で堂々と声量を大聖堂に響き渡らせることができるではありませんか。

毎日のことなれど、たかがシャンプー、されどコンディショナー、なのです。

そう考えるとコスパ的に、上に書いた「BOTANISTボタニカルシャンプー」は、なかなか良いような気がするのですが、ええ、一体あなたは、どんなシャンプー使ってるんですか??

教えて欲しいもんだ。
いくらいいシャンプーが10種あっても、それを混ぜたって「至高のシャンプー」とかにはならないんですよねww

最後に言っておきたいのですが、「美容室で…」とか「美容師が…」とか「プロが…」とかいうシャンプーは、そんなにアテになりません。
割と、ラウリルラウレス言ってる可能性高いですから。
単なるマジックワード(良いように聞こえるだけの魔法の言葉)です。

何度も思い返さなければならないのは、
「ハゲてからでは何を言っても遅いので、いま何を言われても構わないの構え。」を解くな、ということですね。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-薄毛への構え
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ガゾン

独り言です

いや、気にしないでください…

カツラ2

政治家はカツラをかぶるな

と言うか、お前、はじめから一個、ウソついてるやんけ。

白髪との戦い(はするな)!?

これは私のみの個人的な感想ですけど、「あんま変わんない」んですよね…。

フライドポテトで毛が生えると一瞬でも思ったのならアウト

しかし最近、人間の、老化と薄毛の関係が、解き明かされたのです。

ピディオキシジル

ハゲてからでは何を言っても遅いので、いま何を言われても構わないの構え。

11月から急にはじめる。

書いてる人

書いてる人

書いてる人↑




◾️ translate.

チケットぴあ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930